Archives

You are currently viewing archive for December 2007
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さぁ、本年度のクライマックス・・・大晦日ですね。それにしても寒い。ゆっくりコタツで映画でも見よかと腰を据えようとしましたが、やっぱり瓦人の携帯は鳴ります〜。(泣×嬉)讃岐は志度の親方が、支払いかねて遊びにまわっていくわ〜だって・・・。商売・商売、ありがたい・ありがたい。ウチのような小さな商売人にとって、店は常にオープンのような感じです。お客様に支えられたこの一年!!また皆さん来年もたのんます〜。

昨日から自宅では、お婆にお母に嫁にと・・・おなご衆がセッセとお節料理を仕込んでいます。庶民による日本文化の力強い永続性を身近に感じる瓦人です。


すべて手作り・・・お、大好きな栗金団もハバをきかせてますネ!!


年寄りから次の世代へと継がれていく様々な伝統・・・。なんでも邪魔くさがり、文化とか風習を継承せぬことを、安易に時代の変遷のせいにしたがる現代人が、実はココロの底で一番欲している‘あたたかみ’のはずなのに・・・。
お節とは・・・季節の変わり目である「節日」を祝う意味合いがあり、現在では正月元旦を指し、特別な料理をもって無病息災と子孫繁栄の願いを祈ったものです。現在では、家々によってそのバリエーションも違いますよね。確かな伝統でありながらも、柔軟な文化・・・日本らしいですね。大切なことは、家族で膝をつき合わせて新しい年の幕開けを迎えるということです。そんなワンシーンに将来当たり前のように‘瓦坐’(←団欒にもってこい)もあることを夢見て・・・(宣伝かいっ!!)

それにしても今日の海・・・(台風ちゃうで〜)

ヤバイです・・・(怖)


事務所にも飾り付けを完了し、ホントにホントに今年も終わりです。来年も実り多き年であることを・・・。では皆さん、良いお年を〜♪♪
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さて仕事納めのはずが、急なオーダーにより朝から普通〜に出社です。今日はやっと冬らしいお天気・・・、雪かミゾレでも降りそうな雲り空です。



昇る朝日も邪魔されてるような。早く地球を少しでもあっためておくれ〜。
今年最後の窯から出てきた最終試作版「箸坐〜hashiza〜」です。


お馴染み品質管理質にて・・・
ん〜、ちょうどいい感じの寸法かな?
ちょっと反りが大きいから、ごくゆるやかなカーブに戻せば完成ですね。



ヨシ!!素材感も抜群です。あとはすべての角をチョビットだけ取ってプチな丸みをもたせ、ラッピングを破れないように仕上げれば完成ですね。来年、ある程度作ってみま〜す。お馴染みの旅館やホテルさ〜ん、採用できそうですか〜?またオーダーお待ちしております♪♪

「坐」シリーズ・・・来年もお楽しみにネ!!まだまだ瓦の可能性、無限にありそうですね。ホント考えるだけでワクワクしてくる瓦人です♪年(歳)を重ねるのがもったいない、瓦人による(ホントの意味で‘地に足ついた’)「日本人お洒落化計画」・・・すべてはいぶし瓦の発展のために!!
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さあ押し迫る年の瀬、雨もあがりラスト集金めぐりで〜す。年末で仕舞いに追われる親方達・・・現場直行の集金任務で〜す。まずは、昼までには仕舞いつきそうな吉野川市の葺き替え現場・・・



請求書もまだっすけど「額、なんぼや〜?」です。お〜きに〜。大きい屋根を一人で・・・季節はずれの大雨等、段取りが悪そうでしたけど、年内に終わってよかったっすね。お疲れさんでした。

続きましては阿波市の新築現場・・・




棟には厚み一寸三分の箱紐のし瓦の間に松皮のしを挟みました。こちらも壁際の仕舞いのみ・・・霧雨のなかみんな必死です。親方〜、トラックにお金置きっぱなしって・・・。田舎のイイところです。こちらも当然請求書はまだなんですが・・・お〜きに〜。

さぁ帰ろう〜っとしたが、急遽戻ってまたまた吉野川市の新築現場へ・・・


こちらも一人任務ですが、天候不順のおかげで来年に持ち越しそうとのこと・・・。ガックリしてました。大晦日でも棟瓦積んじゃってそうですね。お〜きに〜。

その後また呼ばれた徳島市内のお得意さんちへ・・・。こちらは昨日終わったばかりの現場分を取りに来いとのことでした。モチ請求書なしです・・・。親方は、スウェットにチャンチャンコを着て朝から飲んだくれてました〜。正月モードですね。また来年もたのんます〜。それにしても互いの信頼があると請求書なんて必要ないんですね!!そんなありがたい信頼にこたえ続けられるよう来年も瓦人兄弟頑張ります。ヨロシクです。

今日のランチは、こちらも集金先の阿波市の親方と行った「大福」うどんです。まるで普通〜の家の中にあがってメシを食うような感覚を覚える懐かしく飾り気の無い店内は、これがまた人でいっぱいです。頼んだのは‘ざるうどん’・・・



極太の麺は、そのコシも相まって腹パンパンです。おにぎり3個におでんまで欲張った瓦人は、限界ギリギリでした〜。それより親方が頼んでくれたここの名物‘手羽先’!!



地元の子供達にも人気で買いに寄るという逸品・・・、お〜ウマイ!!ガーリックの味付け満点のカリカリサクサク感・・・、アルコールを無性〜に欲してきます。またまた親方に‘ごっそさん’でした。あざぁ〜す。さぁ、帰ってブログブログ・・・とパソコンにむかったついさっき・・・。なにやら瓦人の携帯が「プルプルプル〜♪」です。「えっ、新築建ってるって?」「明日来れるか〜って、行くに決まってます。トラック空いちゃってます。」お〜っと寝耳に水のトラック野郎!!いま横で聞いてました〜(笑)ということで、明日のさすらいのトラック野郎、徳島市内「予想外」任務リポートをお楽しみに・・・。(しかも今の電話、これが新規お取引の祝!初注文やから、トラック野郎さん・・・くれぐれもたのんまっせ〜♪)

瓦人兄弟のブログ・・・いつ休みになるんでしょうかね〜♪
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日の雨・・・、なんじゃこりゃ〜ですね。雨が大嫌いな瓦人です。そろそろ出荷も大詰め・・・遠方三重と高知からの大型車も最終便で引き取りで〜す。
大雨の中、リフトってます。
 
向こうでたまっていた木パレットを回収してきて、いざ積込み・・・どちらも年明けの物件分でしょうね。

でもでも冬休みに入ってから淡路島への観光客もボチボチ増えてるのか、本日はお馴染み「南海荘」さんへご宿泊されたお客さんが、そこの‘若’のご紹介で‘瓦坐’をお求めに来られました〜。お気に入りをチョイスされ、後日のオリジナルオーダーまでご検討いただきました。末永く可愛がってやってくださいね。そんなこんなで本日は銀行さんから・・・etc.あれよあれよの瓦坐祭りです。
最後は、またまた自宅新築の「内祝い」にと・・・

本当にありがとうございました。

でもこうやって一般の方々が次々と事務所に来られるようになると、メーカーである大栄も‘お店’っぽくプチ演出しないといけません。
善は急げでディスプレイ変更〜!!

瓦人デザインによる渾身の大栄名物カウンターに瓦坐を・・・


ね、いいでしょう?まるで宝石店において誓い合う‘幸せ’を選ぶのと同じような感覚をおぼえます・・・。
壁にあしらったディスプレイ棚にはスタンドで・・・


これで、さぁ〜いつでもどうぞ〜です(笑)。メーカーの皆さん、もっと‘敷居’を低〜くしてみませんか?消費者(エンドユーザー)の視点に立って!!・・・意外と見落としている点・・・ありそうです。

その後、お得意さんの花店「エフ・クオーレ」さんへの配達・・・モチ‘瓦坐’たちですよ〜。着いて感動・・・、ショップ内のお洒落な正月ディスプレイに埋もれて、去年お届けしたこちらも瓦人デザイン「灯り瓦」が凛とした光を放ってました。



大事に使っていただいてありがとうございます。
さぁ、明日は最終日・・・仕事納めのはずが、まだ阿波での集金が続きます。ということで明日はまたまた阿波への旅・・・。お天気はどうかな〜?

12月27日: 千客万来!!

カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日は朝から‘瓦坐’さまさま・・・。地元の旅館に宿泊されていたお客さんが瓦坐を知り、帰りにわざわざウチまで寄っていただきました。ご家族皆さんでお気に入りの瓦坐をお選びになり、セットでご購入いただきました。しかも、かなりの‘瓦坐ファン’になっていただけたのか、オリジナルの文字入り‘my瓦坐’のオーダーまでいただきました。

そんな打ち合わせのひとコマ・・・


オリジナルのオーダー・・・続いています。やっぱ好きな方はとことん好きになってくれます。全国の人にもっと知ってほしいな(願)。そうこうしていると、今度は神戸から来られたという学生さんがバイクでご訪問です。「あの〜、瓦坐買いに来ました〜。」なんとこの瓦人ブログをいつも読んでいただいているそうで、思わず「私が瓦人です。」ってチョット恥ずかしかったです(照)それにしても若い方でも、瓦(瓦坐)に興味を持っていただいてホントに嬉しいかぎりです。少しでも瓦の印象を向上させるよう微力ながら努力する決意新たに・・・、&こういう若い方等さまざまな人々に読んでもらえてるということに対しての責任感的なものを感じました。さぁ、瓦人ブログ頑張らないと・・・!!その後来られたお得意さんは10枚セットをなんと20セット・・・と大量購入です。ホント今日はまさしく「瓦坐デー」!!てか、在庫ヤバイです。

本日はお得意さんとお馴染み親戚の「けひの海」さんにて忘年会的お洒落ディナーを楽しみました。
当然のことのようにテーブルには「雪洞瓦−bonborigawara−」が・・・。


ゆらめく炎が、イイ雰囲気でしたよ。

こちらはお馴染み‘リアル’「箸瓦−hashigawara−」・・・


一生懸命作った箸瓦を、こうやって実際に使われている生の現場で体感して、なぜか泣きそうなくらいプチ感動でした。産みの親として・・・疲れ、すっ飛びました!!敬意を払い、本日のメインのご紹介〜。

淡路牛のフィレステーキ 赤ワインのソース&淡路藻塩との出会いです。


天然の藻塩が、とろけるような淡路牛という素材の素直な味を見事にひきだしていました。レモンの酸味もグー!!最後出された‘蛸(たこ)メシ’を食す瓦人の前にはスーツ姿の親方が・・・。



作業着姿しか見たことない瓦人にとって、‘インテリ職人’発見で〜す(笑)。これからは格好も演出の時代かな?ヴィ○ン・シャ○ル等海外トップブランドの地下足袋が流行りだすこと間違いなし・・・かな?(笑)そんなこんなでただいま帰りました〜。本日最後の任務・・・ブログ完了で〜す。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日も集金集金また集金〜な一日でした。年度末が来ると我々商売人(お相手も商売人)は支払いと集金に大忙しです。阿波はお得意さんが多いので、たぶん年末最終までこれが続きそうです。でも一件一件いつもそのシチュエーション(親方から集金を預かるとき・・・)では、額の大小に関わらずホントいつもありがたい限りで、あぁ〜またこれでメシが食えます(年が越せます)って感謝の気持ちで一杯です。なにより「お客様は神様」なのです。この気持ち・・・、忘れてはいけませんね。景気がいくら悪くても、大事な大事なお得意さんたちが頑張って瓦を葺いてくれている限りは、瓦人も負けじとこの荒波を乗り越えてついて行かねばなりません。

そんな今日のあったかランチは・・・


応神町の釜揚げうどん店「火間土」での一品です。とっくりに入ったアツアツの出汁に、自分ですりおろしたショウガをほうり込み、極上のハフハフです。阿波でもうどんは美味しいですよ。さぁ、明日も頑張ろうっと!!
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さて、年の瀬いよいよ大詰めが迫ってまいりました。あと残されたジョブは、年度末の集金とか仕掛かりの現場の後始末です。終わり良ければすべて良し!!いい仕舞い方で終われれば、来年キレイにスタートできます。さぁ、四国への旅もあとわずか・・・、本日はまたまた早朝4時からの讃岐任務です。集金に打ち合わせにと、この時期の締めくくりですね。
そんな旅の途中、坂出の裏通りにて讃岐らしさをパシャッ!!


豪快な鬼瓦ですね。昔の鬼師の勢いがそのまま息づいています。高度成長とともに、コスト対策のため一般化してきた型抜きの汎用製品では、なかなかこんな迫力は出ませんね。もう一度こんな、瓦屋根におけるいわゆる「スローライフ」・・・、取り戻したいですね。

その下には、美しいエイジングのリアル‘左桟瓦’・・・。


こちらはさらに、瓦の山が丸くなく尖がったリアル‘シノギ桟’という瓦・・・。一石二鳥の被写体でした(ラッキー!!)。古えよりのパワーと迫力と芸術性を感じますね。古き良き・・・、そんな和の景観を完成させているのは、まぎれもなくこういった古民家の集合体です。ミクロでなくマクロで、見るのではなく感じるのです。みなさんも古き良き町並みで、語らずとも多くを感じてみてください。きっとそこには‘アジ’のある瓦屋根が存在しているはずです。

本日依頼を受けた塀瓦の確認に高松市内の現場へ・・・


この大きいカサヘイ瓦の継ぎ足し工事です。



確認すると、淡路の塀瓦よりもひとまわりもふたまわりも大きいです。いぶしの肌を見ると三河産のようですけど、果たして現在あるかどうか・・・。



いろいろあたってみますネ!!思いあたる方がいればご一報を・・・。

あっ、そういえば今日は19時から地元消防団による夜警だった。本日担当は瓦人の班です。てか、もうすでに遅れてます。今から出動してきま〜す。明朝3時までのパトロール予定です。あれ?本日このままだと約23時間起きてることになりそうです。明日起きれるかな・・・?
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さてあと一週間で本年も幕を閉じます。皆さん、やり残したことはありませんか?瓦人はまだまだ‘瓦’を売り残してま〜す(笑)さて今日も阿波への旅なのですが・・・、月曜日ということで朝のうちバタバタ。世間はクリスマスイブをはさんだ3連休だというのに・・・(悲)。地元の窯元へ特殊な瓦の相談に出た先、朝日を浴びる素晴らしい瓦オブジェ?を通過・・・。



工場の側面を不規則に飾る様々な紋入り巴の壁です。
こちらの窯元は本葺き瓦一式を製造する会社さんですが、以前よりこのオブジェ?はありました。地元の瓦人でこそ見慣れた演出ですが、朝日に煌めくその光景にしばしココロを奪われ、一般の多くの人に知ってもらえたらと思わず写真を撮りました。





お宅の家紋は見当たりますか?過去、さまざまな別注依頼を受けて製造してきた歴史を物語っていますね。こう見るとどこか‘瓦坐’みたい・・・(笑)ヘタに規則的に整理(整頓)されたよくある瓦による演出より、よっぽど芸術的で親しみ深く感じるのは瓦人だけでしょうか・・・。古瓦・新瓦問わず形状豊富な和瓦の組み合わせは、ただ捨ててある瓦礫たちでもどこかお洒落に生きようとしているように感じます。きっと永い歴史と伝統をもつこの素材がかもし出すホンモノの‘アジ’なのでしょう・・・。まさしく瓦のガラクタは、‘瓦楽侘’(瓦の侘びを楽しむ)と書けますネ!!もっと瓦によるキレイな‘瓦楽侘’・・・見かけたら紹介していきますね。

本日、阿波にて一人ランチした一品です。
 
スパゲッティー白身魚のロゼソースに、若鳥のオーブン焼き刻んだオリーブと香草のソースがけです。あ〜ぁ、まわりはクリスマスカップルばっかり・・・。「でもそんなのカンケーねえ!!」メ〜ッチャ、美味しかったですよ♪
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
またまた冬らしからぬ本降りの雨・・・。朝から行動を制約されるほど降り続きました。事務所前の‘犬矢来’(いぬやらい)、雨に打たれて冷たそう・・・。


事務用品を買出しにいった先、地元スーパーの大切妻の瓦屋根・・・

鳩たちもちょっと一服・・・かな?こちらも‘冷たそう’・・・。

今朝の窯出しにて、以前紹介したチョットした遊び心での試作版‘箸坐’の実用版試作です。


瓦坐が分解で〜す(笑)チーズケーキを切るように、仲良く均等に・・・。美味しそうですねぇ?って、かじれば歯が欠けますよ。


これで存在感抜群のゴージャスな箸置きの完成ですね。って、いやいやまだまだです。このままでは一枚の巾が大き過ぎます。二枚セットでのラッピングには不向きですね。次回はもう少し細く切ろうかなっと・・・。でもでもよく見てください。


アップで見ると、この小さな丸い世界に込められた鬼師達のキメ細かい技術のあとが分かります。焼き物である‘土’の素材感も満点でしょう?この肌触りが使う者のココロにあったかみを感じさせているのです。屋根の瓦も間近で見るとこれと同じなんですけどね・・・。

こうやって新しいkawaraモノたちは出来ています。楽しいでしょ?瓦作りってホント‘お洒落’なものなのです。洋の東西を問わず、いかなるマッチングにもぶれない確かな存在感を保てるのは、本質だからこその‘地に足ついた’潜在力の賜物です。瓦坐も瓦業界もまだまだ発展途上・・・。いぶし瓦の可能性はまだまだ計り知れません!!

12月21日: 一足早く・・・

カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
息つく暇もなく過ぎ去った今日・・・、気付けば現在22時前。そういえば昼飯食ったっけ?カメラを手にしたのは高速のパーキングエリアでのプチ感動な瞬間だけでした。それは・・・


この曇天の寒空に、一足も二足も早くその清廉な姿を披露してくれたのは、なんと‘桜’でした。‘寒桜’?にしても早すぎます。売店のおばちゃんに聞いても「あぁ〜、これ桜やで。今と春の2回咲くんやで。何桜言うんかは知らんけど・・・(笑)」だって。



冬に合わせて白い花びらです。可憐・・・ですね、この「桜坐」。
思えば、本日唯一のココロの救いはこの桜だったような・・・。最近、瓦人にとっては一日24時間では足りないようです・・・。あと一週間チョイ、頑張ろうっと!!

私事で申し訳ありませんが、本日「瓦坐」が遂に新聞に掲載されました。



暗い話ばかりが続くこの業界・・・、その光明とならんことを・・・。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今年もはや、あと十日ちょいとなりました。秋の異常なまでの出荷の落ち込みの反動か、年末まで慌ただしさが続きましたね。年明けのメドも曖昧ながら、とりあえず‘今’という現実において着実なる一歩を歩んでいかなければ・・・。繁忙さに押し流されるように、すっかり頭の中から抜け落ちていた大事な仕事を思い出しました。この時期、みんな追われる「年賀状」です。印刷も含めればもうリミットですよね(汗)
ということで本日は、ほぼ一日中パソコンの前でドライアイになってました〜。(しょうがない、毎年瓦人の担当です。)



住所変更に喪中に新規入力に削除に・・・と、けっこう手間がかかるんですよね。平成の大合併のおかげで余計にややこしく・・・。パソコン(キーボードタッチ)が苦手な瓦人は、高校・大学の頃よりいまだに‘ひらがな入力’です(恥)。だってローマ字入力の半分のタッチ数でイケルやんけ〜!!(えっ、そう思ってるの瓦人だけって?)なんとか本年度の更新完了で〜す。今年もうおそらくわずかであろう積み込み任務に励む大栄’S達の雄姿の撮影もそっちのけで、この一枚のデスク風景が本日の思い出となりました。

も〜う、い〜くつ寝〜る〜と〜♪
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
淡路で親交のある花屋さんからお歳暮が届きました。いつもありがとうございます。今年は「蘭」(シンビジューム)ですね。


冬の冷たい空気に負けず、‘凛’として可憐に存在します。
本日の窯から、‘瓦坐’の新たなる挑戦・・・「箸坐−hashiza−」のお目見えです。紅葉を輪郭で独立させ、チョコっと反らせます。







箸瓦−hashigawara−」のアレンジです。朴訥でなんとも憎めないこのキュートな(バカ売れ)‘箸瓦’・・・、‘瓦坐’の登場以来やや影がうすくなりつつあったのを、心機一転化粧直しです。これを実用的な形状にて現在試作中・・・。‘瓦坐’から思わぬ副産物です。‘瓦坐’とのセットで並ぶと、どうしても見劣りしがちなこの(バカ売れ)‘箸瓦’・・・、コイツ等にも‘華やかな世界’を見せてやりたいとの切なる想いから、新たな可能性を追求してみました。まっ、選択肢が増えるのは消費者にとってもイイこと・・・、瓦人的にはどちらのファンでも大歓迎です。「瓦」というものの素晴らしさを身近に感じていただけるなら・・・という想いに一切のブレはありません!!完成品が出来ましたらまたお披露目です。皆さん、ご支援のほどよろしくお願いいたします。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日も風がおさまらず・・・。朝から‘箸瓦’を作る段取りが急遽阿波は鳴門のお得意さんから出動要請〜。二号車にてトラック野郎してきました〜。(平板瓦ですけどネ!!)

到着〜。

店入れのパレット降ろしです。(楽勝)

っと、ここでトラブルが・・・。なんとリフトのエンジンがかかりませ〜ん。親方がバッテリーをスタンドへ・・・。その間、ちょうど焼いていたリアル‘鳴門金時’を一緒にガッツキました〜。



あつあつ、ハフハフ、甘〜〜〜い!!


ホント、‘土’という‘大地の恵み’が育んだキレイな黄色ですね。自然が造りだしたこの‘甘み’・・・カラダが喜ぶのを感じました。到着が昼飯時だったため、3つ4ついただいて、これが本日のランチとなりました。ご馳走様でした。
‘土’という‘大地の恵み’といえば‘瓦’だって負けてません。そのあたたかみのある焼き物独特の素材感しかり、人工的な着色では真似のできない飽きのこないいぶし銀しかり、間違いなくココロが喜ぶ‘和’のシンボルです。いついつまでも、ここ日本でのスタンダードとして・・・。

最後に今日の鳴門海峡・・・(燦燦たるお日さん)
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さて月曜日、今日も四国を徘徊です。最近、本業の‘瓦’以外にも‘いぶし一輪挿し’‘瓦坐’・・・と‘新しきモノ’達の配達が続いています。お得意さんもお歳暮の時期ですもんね。そんな粋な贈り物に是非どうぞ〜。そんななかお昼過ぎのラッシュを避けて、お得意さんの親方と‘讃岐うどん’です。今日は親方お勧めということもあり、冬ですが・・・、醤油うどん(冷)です!!



ピリッと辛いたっぷり大根おろしにネギ・・・、シャキッと引き締まった麺にポン酢っぽい出汁の効いた特性醤油をサ〜ッと・・・。メチャウマです。またまた親方のオゴリにありつけました〜。(あざぁ〜す)次回はおごらせて頂きます!!

そんな夕方・・・高松市内にて‘粋’な店を発見!!エントランスは・・・


瓦をランダムにあしらった、あったかみのあるお店です。こちらは地鶏工房ですが本日は定休日らしく、次回お邪魔したく思います。ところで国道道端にあるこのお店、何に目を奪われたかと言いますと・・・



瓦による‘不規則な’美が外回りを飾っていました。棟込みに使う古瓦(井筒模様)のエイジングの妙もさることながら、そのダイナミックにあしらわれた‘不規則さ’が何ともいえぬ迫力となり、瓦の底知れぬ可能性を感じさせる一つのアートへと昇華していました。



赤と白と‘古美た’いぶし・・・絶妙のコラボレーションです。


ホント、瓦というものの素晴らしい素材感に気付いてくれた多くの人が、各地方にてこうやってさり気なく演出してくれています。して、いぶし瓦の産地淡路では・・・?狭い地域にまだ百数十件もある窯元ですが、ふんだんにある身近な素材‘瓦’にもっと目を向け、こうした演出に注力することの大切さをもっと学ばないといけません。さらなるハイセンスな提案力と演出・・・これからのいぶし瓦業界には必要ですね。

本日も瓦人の感受性を高めてくれる‘粋なはからい’に出会えました。そんな潤った瓦人のココロには、見るものすべてが‘絵’となります。帰りの鳴門大橋・・・沈みゆく夕日で淡いオレンジ色に染まった西の空と、その夕日を見送る前方東の空との、色彩の対比をご覧下さい〜。



ね、キレイでしょ?
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
お得意さんの親方にいただいた(しかもいっぱ〜い)阿波西部のこだわり蕎麦「夏子かぁちゃん」の極太ソバです。

自然な美味しさを満喫・・・

一瞬うどんかと見まがうほどのその貫禄・・・栄養の王様たるソバの風味抜群です!!大家族のチョット早めの年越しソバでした。(いやいや、まだ早すぎるって!)

そんな食卓の脇では・・・

ヒーばぁに、ばぁに、孫にと・・・女衆が寄ってたかって一所懸命ほじくってるのは、これまた地元漁師町の親戚のおっちゃんにいただいた通称「磯モン」です。

海に行くとよくいますよね。どこかにくっついてるアイツ等です!!ちっちゃいコイツ等・・・、なかなかほじくる作業が大変です。でも根気よく頑張る女衆・・・、なんとか任務終了で〜す。(あっ、まぎれて真ん中にサザエの姿も・・・)

(グロイかな・・・?)でもでも、これを‘酢味噌あえ’にしたり‘みりん醤油’で煮たりと・・・やめられないとまらない♪な感じの素晴らしい一品となります。

ホント‘山の幸’‘海の幸’に感謝です。日常を大自然に囲まれて暮らすありがたみ・・・、またその溢れるほどの恩恵を互いに共有し合うあったかい人々に囲まれて暮らすありがたみ・・・、日本人にとってはどこまでいってもこの「和」の精神世界こそが生来そなわる本質的なココロの姿です。
〜「和気あいあい」〜
みなの心を一つにする求心力とは・・・?数あるそんなニッポンの象徴的な事象において、いぶし瓦(またはその町並み)もその一端を担う大事な歯車であってほしく・・・。皆さんも「ニッポンの象徴」・・・数え上げてみませんか?
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日も寒風吹き荒ぶ冬らしい一日でした。早朝七時の急なオーダーにて、塀瓦(のし丸瓦)を軽トラに満載して讃岐は寒川町へ・・・、待ち合わせの‘道の駅みろく’にて出会った‘美しきモノ’・・・しだれ桜です。


冬の風に時折しなるように揺らめくまだ花もつかぬ枝々・・・、その地味な色合いながらも数十メートルに及び居並ぶ様に‘美しき’風情を感じました。かたや小さな丘陵にある梅を見ると・・・

新しい息吹きが・・・。


次のアポイント地、阿波への戻り道・・・いきなり道を横切る‘猿’・・・。



驚きました。しかもシンガリをつとめるボス猿の大きいこと!!写真では捉えられませんでしたが、野生の猿たちにも山の環境が悪くなったのかな?人間のせいだとしたらごめんなさい・・・。

阿波は石井町での待ち合わせ・・・、お昼を挟むのでひとまずお決まりの一人でのランチ。どこにしようか考えたすえ、本日は田園地帯の道端にポツンとある石井町のお洒落な店「durumu(デュラム)」さんです。ここもホントいつも溢れるほどのお客さんです。本日のチョイスパスタは・・・

黒トリュフのバタークリームソースです。

芳醇な香りにつつまれて一人癒される瓦人です。(寂)地元の新鮮な食材にこだわる、そんなシェフの心意気で作られた自家製のパンと瑞々しいサラダはおかわり自由です。美味しいものは見た目もまさしく‘美しい’ですね。瓦人の感受性を十二分に高めてくれました。

アフターのフレッシュオレンジジュースの下には・・・さすがに‘瓦坐’ではなかったですね。いつかはここにも‘瓦坐’が・・・。そんな空想に耽り店をあとにしました。

着いた現場で大工さんに棟違いの屋根割りを説明・・・。

来週の瓦入れです。ところがどっこいナント平板瓦です。でもでもありがたいことです。屋根が葺きあがれば左隣の離れもすぐの葺き替えです。正月までには間に合いそうですね。

今日もいくつかの‘美しきモノ’たちと出会えました。いぶし瓦もしかり、感性に響くような存在に囲まれると(それを意識して自ら見出すことが大切ですが・・・)、またココロの姿勢が前を向けます。そんな瓦人の土曜日は、慌ただしくもどこかユッタリとした一日でした。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
昨日の雨から一転・・・寒〜い一日でした。まっ、12月ですけどね。本日は集金等で阿波へ・・・その後、阿波市の葺き替え現場へ追加分の瓦を配達しに・・・



こちらは大工さんの自宅・・・、あとは隅棟を残すのみ。両台面のし×箱紐のし×松皮のし×雨切のし・・・と、こだわりの作品です。しかも民家としては久しぶりに三つ組鬼面(足は別注)にシャチのゴージャス仕様!!大工さん・・・自信満々です。(笑)いい正月を迎えられそうですね。

そんな最中、違うお得意さんの親方から「こっち来とるんやったら、メシでもおごったるぞ〜!!」とのこと・・・喜んで!!です。待ち合わせの道端にて‘完熟’に遭遇・・・。



オレンジ色を通り越して熟れた赤でした。落ちてこないかな〜(笑)
おち合った親方とお邪魔したのは、ウダツの町並みで有名な脇町にある‘行列のできる’徳島ラーメンの店「くにおか」さん。元(旧)オリックスの選手がオープンしたこのお店・・・、野球界の重鎮達の写真やサインがワンサカ!!オーダーはチャーシュー(大)です。



テンコ盛りですね。寒くて冷えた体を芯からあっためてくれました。どんどん客が入ってきて背中に痛い視線を感じるので、余韻さめやらぬまま撤収〜。そのまま親方が「甘いモンでも食いに行こか〜!!」って、場所を変えスウィーツの店へ・・・。こちらはすべて自家製のスウィーツを豊富にラインナップ!!コンクールでも常に賞をとっているとか・・・。チョイスしたのはアットホームなカップに入った‘ティラミス’です。



予想通り家庭の優しい味がして、真っ昼間っから癒されてました〜。前には‘ウダツふわふわロール’をつっつく親方が・・・。明日か明後日積みにての瓦の注文までオマケについて、オール親方のオゴリでした〜!!(あざぁ〜す。)

まっ営業っていろいろありますが、こんな日もないとネ!!冬将軍の足あとが徐々に聞こえ出したこの日、瓦売りの少年(?)が出会ったプチあったか日記でした・・・。

12月13日: 雨雨雨・・・

カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
朝から本降り・・・、まさしく景気に水を差すような空の涙です。なぜそんなに悲しいの?地球を哀れむゆえの涙雨・・・。結局夕方まで一日中降り続きました。さて本日は、工場にて瓦を作りまくってました。(笑)早朝の窯出しから始まり、気付けば日暮れ・・・。終始みなぎっていた瓦人、そういえば10時も12時も15時も休憩した記憶がありません・・・。昼飯の10分ぐらいかな?あっ、ちょっと用事で顔を出した商工会でコーヒー出してもらったっけ!!今日出来る事は明日へ延ばさない・・・、小学校の頃からの瓦人の鉄則です。皆さんは‘座右の銘’お持ちですか?瓦人にもありますが、けっこう年代とともに、はたまた移り変わる時代の世相にも影響されたり・・・と複数所有または更新所有してる気がします。それでいいと思いますけどね。幼少期の頃より‘初志貫徹’‘終始一貫’できるような確立した思想は持てるはずもなく・・・、ようはその時々において自分を奮い立たせる‘きっかけ’と出会うかどうか。その‘きっかけ’こそ自立と自律そして成長への礎となり、ひいては座右の銘となっていくのでしょう。
瓦人もまだまだ右往左往・一喜一憂しているうちは、腰の据わったホンモノの大人になりきれていないかもしれません。より多くの‘きっかけ’と出会うため、これからも頑張らないと・・・。

終業後の工場・・・

温度制御盤


品質管理質内 各測定機器

明日もまたよろしくお願いします。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さてさて本日も四国遍路・・・。どんより曇った空が広がっていました。お日さんの射さないこんな冷やっこい日は、昨日の南海荘さんにモロ影響されたのか、あったかい「釜揚げ」をいただきました。お馴染み「ふるかわ」さん・・・いつもありがとう。



まさしく茹でたて・・・半透明の麺におろしたてショウガをほうり込んだアツアツの出汁。ココロもカラダもホッカホカ!!

今日は午後から阿波のお得意さんちへ・・・、本日こちらでは毎年恒例の餅つき大会の開催です。家族・親戚はもとより大工さん達までみんな寄っての大盛り上がり!!(大ちゃんも、はよ〜まわって来い〜、ってチョット待って〜)



白い前掛け(エプロン)をしたバーちゃん、カーちゃん達の活気に満ちたかけ声がひびき、子供や孫達も一所懸命に手伝います。男衆の威勢のいい力仕事でペッタン、ペッタン本格石臼に杵をつく心地よく懐かしい音がひびきます。

 

こんな風物詩に触れる子供達はホント幸せだと感じます。昔から続く当たり前の日本の風景がここにもありました。瓦人は遅れて15時過ぎの到着。時すでに・・・、「ツワモノどもが夢のあと・・・」でした。つきたてのお餅を難なくゲットです。ありがとうございました。しかもオマケでここのお母さん手作りの‘干し柿’まで・・・。



ぶーらぶら、帰りの営業車にて風情を満喫!!ねっ、キレイでしょ?

午後から振りだした雨・・・。あ〜した、天気にな〜れ♪
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
またまた季節らしくない雨ですね。しかも止んだあとあったかいって・・・、春雨じゃあるまいし。昨日親戚のお馴染み「うめ丸」さんにて遅ればせながら‘瓦坐’のディスプレイを完了してまいりました〜。



たくさんの人にその雄姿を見てもらってね!!
それより‘箸瓦’がラッシュです。一人では追いつかず、土曜日には娘にも助っ人してもらい、まさしくネコの手も借りたいとはこのこと・・・!!昨日今日と連続窯出しにてラッピング作業に専念する瓦人です。



またまた弊社品質管理室にての撮影です。(なんで・・・?って、精魂込めたカワイイ奴等の嫁ぐ前の花嫁姿を残しておきたいという親心を分かって・・・(笑)てゆーか、ただの自己満足です。)



皆ほうぼうに散ってゆくのね〜。食卓での活躍期待してます。

ホント、たかが瓦・・・。ちっぽけな‘つち’の塊りですが、ヘタな釉薬の箸置きと比べて、懐かしく飽きのこない、一言で言えば‘憎めない’存在感を感じるのは何故でしょうか。瓦だから・・・?いぶしだから・・・?日本人にとってのココロの拠りどころとしての‘和’の精神・・・‘ワビ’と‘サビ’。簡素の中に見いだされる清澄・閑寂な趣としての‘侘び’、もの静かな趣が洗練されて、芸術的に高められたものとしての‘寂び’。そんな‘ワビ・サビ’をまさしく具現化したものとしての‘いぶし瓦’たる‘箸瓦’。やはり、されど‘瓦’です。我々の五感に等しく響くはずですね。いぶし瓦の素晴らしさを世に伝えるべく小さなコイツ等も頑張っています。
瓦人も負けてられません・・・。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
気がつけば師走も3分の1経過です。ホント早いですね。今日は10日で集金日・・・、阿波での現場突撃リポートです。まず徳島市内の新築現場・・・、現場の場所確認と上棟日の打ち合わせに突撃です。



来週棟上げの予定ですね?了解です〜。年内に屋根仕舞い出来そうですね。あとはトラック野郎に任せまっす!!こちらも現場集金完了〜。(それにしても、お金持ち歩いている親方が何気に心配な瓦人でした〜。ウチのお得意さんホント多いよ〜!!)

続きましては事務所にて集金完了後、若社長からお土産が!!(超嬉)行けたら現場地図と状況確認しといてよ〜っとのことで、モチ行っちゃいました〜。



こちらも徳島市内、鉄骨作りの大きな住宅です。向こう南面は箕甲造りの入母屋ですね。グルリ回るはずの下屋根はまだ全然出来てません。とりあえず上屋根を先に仕舞うとのこと・・・。(棟は9段、降り付きになりそうです。豪快っすね。)こちらもトラック野郎へ報告〜!!「多分明日積みやぞ〜」

さぁ日も傾いてきた、今度は一転西方面へ疾走〜。
上屋根が完成した阿波市の現場です。



下屋根の東鬼の大きさについて打ち合わせです。壁土の仕上げ待ちにて、来週の瓦入れかな?こちらも年内いっぱいかかりそうですが、なんとか頑張ってください!!確認申請の複雑化にともない保留のまま山積みになっていた案件に徐々にゴーサインが出だしたのかな?政治家さん役人さん、ホンマたのんまっせ〜。建築業界すべて首の皮一枚つながってるのが現状です。手に職つけた、まさしく「職人さん」と呼ばれる人たちが、メシを食えない社会を作っては絶対にダメです。

事務所に帰った瓦人は・・・、そんな時代に頑張って新築された方からのご依頼で、祝いをいただいた方への内祝い(祝い返し)に是非‘瓦坐’をとのご希望で、十枚セットやら五枚セットやらを帰り買ってきたのし紙に自家製印字し、一人黙々と梱包作業に追われる月曜日の夜です・・・。(寂 but 超嬉)



でも新築祝いとか、その内祝いにはこの‘瓦坐’・・・もってこいですね!!(できればいぶし瓦を葺いた新築の・・・)みなさんもいかがですか?そんな洒落たはからいが、やがては一軒のいぶし瓦の屋根へ・・・。プチ期待です。(笑)

カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
日曜日がくると、それまでの張り詰めた緊張感が解け、一気に気がゆるみます。あっ、ココロがこんな隙を見せた瞬間、風邪って奴は飛び込んでくるんでしょうね。まだ大丈夫です。
の〜んびりしたくとも、朝から4回もお得意さんからのプレッシャーコール!!現場が動いているからしょうがなくもありがたく・・・。
先日、大画面(←自慢?)液晶テレビが突然の沈黙・・・、まだ4年目ですが光源ランプの寿命らしく、日曜日ということもありチビ達を連れて泣く泣く家電店へと直行〜。(まったくウントモスントモいわないからビデオですら映画ですら見れませ〜ん↓)消耗品はやっぱ消耗品です。

そんな道中、飛行機雲の競演が・・・
こちらは(チョイ見にくいですが)見事なクロス!!

山際でのうっすらクロス・・ってやっぱ見にくいね。でも見事なバッテン×でした。

こちらは「カクンッ」って曲がった曲芸の跡・・・?

旅客機ってこんな急旋回出来たっけ?UFOかも・・・(笑)

ホント徒然なるままに・・・。たまにはこ〜んなふうに、頭のスイッチを切ってみるのも必要です。皆さんも‘そら’・・・眺めてみてください。上を見上げるだけで、背筋が伸び、胸も張れ、鼻から新鮮な空気が入ってくる感じになりますよ。下を見るよりはマシかも・・・!!
「上を向〜いて♪歩こう〜よ♪」
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さてさて本日はチョイ忙しかったです。朝から晩まで出荷の段取りに追われ、気付けば真っ暗・・・。軽トラで走りまくった瓦人が見た真っ赤な夕日が、唯一大自然に目を向けた瞬間でした〜。(こんなにグルリを自然に囲まれてるのに・・・)


→寒空に勢いよく回る風車たちです。

ホントは忙しくて当たり前な時期なのですが、その忙しさを新鮮に感じるのは、嬉しいようでチョッピリ寂しいようで・・・。それだけ断続的で浮き沈みの激しい景気なのです。もうこの「当たり前」・・・という昔から続く常識的な観念を一度捨て去り、自ら地に足つけて歩む新たなる一歩・・・それは前人未到未開の境地への勇気ある前進だとしても、果敢に挑んでいかないと拓ける道はないでしょう。

よく「いぶし瓦は、まず無くなることは無いでしょう〜。」と、曖昧で確たる根拠もない(今では、ワラにもすがる想いで発する唯一拠り所とする言葉)やりとりをチラホラ耳にしますが、大地の生命力さんも紹介されていた通り、「伝統とは創造の原点であり、「創造」なくして「伝統」という言葉を使うことはできない。」(出江 寛) まさしくクリエイティブな発想によるクリエイティブなアクションなくしてクリエイティブなリアクション(結果)はありえません。瓦におけるクリエイティブとは・・・?まさしく命がけで考える時期に来ているのかもしれません。
瓦人は・・・
そういう‘未開の境地’がもしあるのならば、‘楽しみ’でなりません。大いなる壁を前にしてもなお武者震いしているうちはウチもまだまだ大丈夫・・・かな?
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日は朝から雨→晴れ→雨→風とめまぐるしく変わる空模様。○○ゴコロと秋の空・・・って、もう冬か。そんななか毎度のことながら四国へ渡る鳴門大橋・・・、次から次へと質を変じる天候の隙間をぬって、またまた姿を見せてくれました。

夢の架け橋から見る‘虹の架け橋’!!


まるで横を追ってくるように消えません。


瓦人に「渡ってみな」って感じで存在する虹です。渡る向こうに何かイイことが待ち受けているかな?今日も朝から気分イイ〜!!(少年のココロを忘れない瓦人でした。)

本日集金に訪れた阿波は鴨島町のお得意さんち・・・、いつもキレイにしてる古民家風の事務所にて、ついつい腰をおろして長居しちゃいました。その訳は・・・?瓦人の陰ながらの期待心を汲み取ってくれたのか、はたまた日常の何気ないシーンとなっているのか・・・なんと!!



瓦坐’(紅葉坐)の登場でした〜。(メチャ嬉)世に出てまだ数日・・・こうして瓦坐の日常でのシーンを見たかった瓦人はとても感激しました。ホント、これが見たかったんです。一人でも多くの人に、一軒でも多くのご家庭に、さり気ない日常〜as usual〜な瓦坐を・・・のコンセプトのもとスタートしたこのプロジェクト。こうして瓦人自らリアルに体験するとは、喜びもひとしおです。奥さんが「使うのホントもったいないのよ〜」だって(笑)気持ちは分かりますが、遠慮なく‘食器’として使ってくださいな。

今日はこんな素敵な収穫がありました。瓦坐のある日常・・・皆さんも是非。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
実は今日もほぼ一日‘箸瓦’作りに終われてました。大量生産法を考え中・・・?思い当たりません(笑)のでしばらく瓦人が頑張りまっす!!
さぁ、本日の窯出しにて志度の親方から別注でご依頼いただいていたオブジェ級灯り瓦「天高く〜tentakaku〜」がついに完成で〜す。


高さ約1m、ダイナミックにひねりをくわえたそのフォルム・・・う〜ん、バランスよく見事に立っていますね。全体的には繊細さと流麗さを表現しつつ、細部では灯り洩れの穴の豪快さで土のチ・カ・ラを主張しています。瓦廊君とこの鬼師さん達はホントいつも瓦人のイメージを限りなく忠実にカタチにしてくれます。芸術や美術に造詣の深い鬼師さんのモノ作りにおける豊かな感性・・・、瓦人も相通ずるものを共有できる満足感でいつも充たされています。そんな時「あっ、イイ仕事が出来た!!」って感じます。ホント、いつもありがとうございます。


まさしく「天高く〜tentakaku〜」・・・無限の広がりと延長を感じませんか?瓦の持つ底深い可能性を垣間見せてくれますネ!!日暮れの玄関先にて活躍する姿が楽しみです。冬の冷たい空気のなかで、その片隅だけをほのかにあっためるんでしょうね。親方〜、お楽しみに・・・。

でも日が暮れるの・・・メッチャ早くなりましたね。15時過ぎると一気に空気がオレンジ色に・・・。仕事しててもプチ切なくなりますよね。
そんな夜長には、こんな灯り瓦でココロあったまれ・・・。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日も寒かったですね。っていっても12月だから当たり前なのですが・・・。本日も朝一番の窯出しにて、もうお馴染みですね、‘箸瓦’のイッチョアガリ〜です。



あつあつを水洗いし、なんとか本日の配達に間に合いました〜。この100個の箸瓦くん達も売約済みです。ホントこれが本業の瓦だったらな〜とつくづく思います。さぁ、いざ出陣!!瓦に瓦坐に箸瓦に・・・と、バリエーション豊かな品を積んで走る営業車は本日も350キロの旅でした。でもでもそんな地道で地味な苦労は報われるのか、はたまた瓦坐と箸瓦の御利益なのか・・・、配達先にて待ち構えていたのは、なんと!!トレーラー一台分のお土産注文でした〜。100個の箸瓦が12,000枚の瓦に・・・。涙がチョチョギレるほど喜んだ瓦人でした。箸瓦って福があるのかな?縁起物って位置付けにしちゃおっかな〜と企む瓦人です(笑)。

最後夕方呼ばれた志度の左官屋さんの親方んチ・・・、ここにも福が!!親方も6年ぶりという総箕甲造りの新築の図面です。



いや〜、楽しみですね。「ワシはもうこの先、箕甲の家なんて出てこんやろ・・・」ってまだまだ出てきますって!!井筒に甍万十のしに雲頭鬼・・・派手な屋根を演出してやりましょう〜って誓い合って帰路につきました。

遅くなった瓦人は、我慢できず鳴門の名物「びんび家」へ・・・。
ぴんぴんの天然車えびの定食を食べ満足気に・・・ふぅ〜っと一息、一服です。



使い古されたヤカンがイイ味出してます。しかもなぜか60〜70年代の往年の名曲がユウセンで流れていました。このヤカンしかり、親しみやすいザックバランなオバちゃん達の接客しかり、懐かしい昭和の食卓を思い出します。(瓦人はそんな年寄りではないっすけどね(笑))古き良きニッポンの面影がここにも・・・。おじいちゃん・おばあちゃんはじめ、大家族で囲んだ団欒の日々が懐かしく・・・。「昔は良かったな・・・」この歳ですでにそんな気持ちにさせられる、今の世を憂う瓦人でした。

12月04日: 寒ぅ〜、でも?

カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
ここんところのあったかい気温で、この程度でも「寒ぅ〜」って感じますね。でもでも皆さん、気付いてますか?そうです、まだ息が白くなりません。(あくまでもこの辺の話・・・)そんなこんなで師走に走る瓦師?今日も阿波でのラストスパート!!行きの鳴門大橋、台風並みの強風に「鯉のぼり」が引きちぎれそうです。


途中、ある親方から「明日めくる屋根あるから現場見といて〜」とのラブコール!!お決まりの地モピーレベルでの説明にて現場の所在をインプット!!なんとか徳島市内のその屋根発〜見。



あら、外壁はリフォーム済みなのね。山すそをチョイ登ったこちらの現場・・・



こちらの腰の高さほどの石垣の上に建っています。しかもグルリは敷地がナッシング!!さぁ、さすらいのトラック野郎なら・・・?すでに明日はとりあえず3トン車は阿波行きで4台分の配車予定となっております。トラック野郎が当たれば期待してます。(笑)

さぁ、とりあえず冷えた体をあっためよう〜♪って普通はラーメンかな?でもやっぱ瓦人はお約束通り、またまた「クッチーナ・タケダ」さんにてアツアツ茹でたてアルデンテ!のスパゲッティ ベーコンとズッキーニのロゼソースです。



あ〜、美味しいものを食べると幸せです。一人大栄のスタジャン(ウィンドブレーカー)を羽織ってのカウンターでのインテリランチは、はたから見ると・・・?まぁ、気にしない気にしない!!

今日はよく携帯がなりました。充電切れ直前やし・・・。まぁ、その分いつかはどこかで瓦の屋根につながれば・・・、ありがたいありがたい。午後から呼ばれた石井町の親方の自宅・・・。お〜っと、基礎やってるやん!!


息子さん(後継ぎしない予定(泣))の自宅を新築中でした。まさか瓦・・・葺くよなあ?聞くと平板瓦の予定だそうです。年内の予定やからまた運んできてな!!だって。とりあえず隣接する離れの屋根はいぶし瓦での葺き替え予定らしいのでOK牧場。まだまだ若者に理解されていない現状を改めて痛感しました〜!!そんなこんなでバタバタ放浪記も日暮れとともに終了です。明日の準備に追われた瓦人は、またまたブログ開始20時・・・。あ〜、ハラ減った。今日の晩メシは何かな?とりあえずお約束の‘一人ぼっちディナー’にむけてキーボードをたたく瓦人でした。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
朝から12月らしくない大雨でしたね。(びっくりしました。)
〜瓦売りの旅〜
行き 帰り

ホント忙しいお天気ですね。らしくない気候には、らしくない景気がつきまといます。お天気のせいにしてはいけませんが、建築・土木業界・・・今年の年越しはホント厳しそうです。

本日も4時半起きにて走りまくった四国路・・・、日暮れも早く15時過ぎには影も長〜く。なんか暗くなると仕事のモチベーションも減りますね。でもでも最近、暗くなると町のあちこちで癒しのイルミネーションが目立ちだしました。

最後に訪れた讃岐のお得意さんの隣り、月曜日で休業の美容室前・・・


メルヘンな光が帰路につく学生さんや会社員の目とココロをあっためてました。

鳴門の国道沿い・・・

神秘的な光のオブジェは、人々の疲れたココロの隙間にスッと入り込み、短くともなぜかそれが永遠(とわ)と感じるほどのほんの数分間、周りの雑踏に無意識に聴覚を閉ざし、まさしく自分だけの‘ひとときの静寂’を造りだします。季節に似合わぬ大粒の雨が、よどんだ空気(景気)をキレイに洗い流してくれたみたいです。
瓦人はよく‘和こそ・・・’‘和たれ・・・’と訴えますが、キレイなものはキレイのです。洗練された‘和の感性’しかり、このイルミネーションも万国共通すべての人々の五感に響くような感動的な美しさをもっています。
道行く人のため・・・、町並みの華やぎのため・・・、これも一つの景観コンシャスなのです。そんな住む人の心意気に感謝する瓦人でした。みなさんもいかがですか?日本人のココロを豊かにするこんな‘粋なはからい’・・・。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
プロジェクト‘瓦坐’も、なんとか無事順風満帆な船出をむかえました。その永きに亘るチームの労をねぎらいに、サタデーナイト、久しぶりの焼肉パーティー‘瓦坐完成祝賀会’にて、まだ興奮覚めやらぬ互いの猛る想いをぶつけあい、今後の淡路瓦の未来を熱く語り合ったのでした。

いつも行く阿波の炭火焼肉「団十郎」・・・霜降りの高級ロースは必見!!


炭火でじっくり炙られると、その綺麗なアブラがキラキラと染み出し、口にほおばるとまさしくとろけるような食感!!


体中から疲れが一気に吹き飛ぶような感覚を覚えます。‘瓦坐談義’に花も咲き・・・、男たちの語らいも舌(絶)好調!!終始、何気にテーブルを飾るのは、さり気ない‘瓦坐’・・・。
まさしく 〜as usual〜

my‘瓦坐’を持込みでの、ある意味テーブルジャックです。店員さん、すんまへんな〜。でも‘お約束’ですからね(笑)そんなこんなで今年もあとわずか・・・、瓦業界の行く末を憂う瓦師たちの戦いは止むことはありません・・・。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さて、今日から早くも師走・・・。景気と同じく‘逃げる’ように日々が過ぎ去りますね(笑×悲)それでも必死に手繰り寄せようとする先に果たして‘光’(好況)が待っているんでしょうか〜。
そんなとき一枚のFAXが・・・(ピー、ヒョロヒョロヒョロ〜)よし来た注文!!入ってきたのはナントお得意さんからの‘箸瓦’大量オーダーでした〜。一瞬、右ヒジが机の端からズルッと・・・(ベタやな(笑))でもでも‘瓦’の注文には間違いありませ〜ん。来週末の住宅フェアーに使いたいとのコト・・・お〜っとギリギリだぜ〜。てなことで本日土曜日は朝一からまたまた瓦人の‘こねくり’任務開始で〜す。

瓦がプレスされてます。

こんな感じの粘土瓦・・・

ここで注目!!対角の四角い切り込み部分・・・
ここと ここ
この部分はプレスされるとリサイクルされるためベルトにて流れてきます。

そいつをサッとつかまえます。

この一つの塊から一個の‘箸瓦’をこねくっていきま〜す。
本日の成果は・・・なんとか100個です。


なぜか売れ続けるこの‘箸瓦’・・・。以外にもプチヒット商品かも!!ホントあざぁ〜す。さてこれからオーダーが続けはどうしたものか・・・。量産対策は?誰が作る?コストは・・・?結局瓦人の内職っぽくなりそうです。売り手から作り手へ・・・瓦人の七変化です。オーダーのありがたみを知っている瓦人にとっては、例え一枚の瓦の注文でも、それでなんとかメシが食えていることを忘れません。なんともアットホームなこの注文用紙・・・納品まで大切に!!

「毎度ありがとうございました〜!!」