Archives

You are currently viewing archive for July 2008
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日はトラック任務の瓦人・・・阿波の新築現場へ平板の追加分を、葺き替え現場へ棟瓦を搬入です。暑いので職人さん達みんな仕事がはかどりません・・・。



屋根に上がっては降りて休み、上がっては休みの連続・・・。ただでさえイカツイこの親方・・・顔がゲッソリこけて余計に迫力増してました(怖)

帰り上板町にて渋滞をつくるガソリンスタンドが・・・。見てビックリ!!



想定外の価格です。あれ?確か今レギュラーの相場って176〜178円程度だったはず・・・。そりゃ、地方によって差はあるとは思いますが、あり過ぎでしょ!!阿波でも他にはなかなか見当たらない激安価格です。しかも「毎日が特売日」だそうです(笑)トラックの帰りは、こっちで入れて帰ろっかな〜♪みなさんもどうですか〜?って、ちょっと遠いかな(笑)

‘四国三郎’吉野川沿い・・・阿波の汽車が走る線路です。


な〜んかレトロでどこか懐かしさを覚え道路脇に車を停めました。トンネルを抜けたその先に、まるでタイムスリップした古き良き時代が待っているような空想に耽る瓦人です。まるで、いぶし瓦の屋根が連なる日本らしく素晴らしい原風景が待っているようで・・・。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
昨日、一昨日と連日の夕立・・・不安定さが見えかけたということは、夏もそろそろ・・・?いやいや、まだまだこれからが本番ですよね。昨日19時半過ぎ、ピカピカ・ゴロゴロし出したので事務所の外へ出ると・・・。





一瞬にして‘昼間’です☆大自然って凄いですね。

今日も四国で配達に集金にと小走りの瓦人です。そんななか、お得意さんの奥さんがお盆明け一発目の葺き替え現場を案内するからということで、ナビられて行ってきました。



こちらが物件ですが・・・なんと道端はいいのですが、裏側にぐるりと廻りこまないと何も出来ません!!めくった古瓦も機械での手降ろしにて道路まで一輪車・・・新しい瓦も道路に停めたトラックから一輪車(汗)ではその冷や汗をかきそうなぐらいの難ルートをご覧下さい・・・。


ま、いぶし瓦のためです!!お盆休みに養った体力を思いっきりぶつけていきましょう!!願わくば、多少でも涼しくなっていることを・・・。

さ、暑い夏でもあえてアッツアツの釜玉うどんです。お馴染み高松の「ふるかわ」さんにて、元気をもらった瓦人です♪



さぬき市を走っていると、目を疑う光景に遭遇・・・。判りやすい間違い探しのように、‘あるべき’姿が‘あるはずのない’姿に!!

うなだれた向日葵・・・


夏の象徴、元気の象徴・・・この向日葵でもうなだれる暑さ・・・尋常じゃないですね。一面の向日葵畑、すべての‘顔’がうつむいていました(悲)こっちまで気持ちが落ち込みます。向日葵も正直ですね、らしくない姿を晒してまでも太陽にソッポ向く始末・・・。毎年毎年どうなっていくんでしょう〜?

逆にココロ救われた存在・・・頭(こうべ)を垂れる前の稲穂です。


ぐんぐん・・・暑さなんかものともせず空に向かって成長します☆まだまだ‘謙虚’を知らない勢いのある段階・・・見ていても痛快・爽快で元気をもらいました。変に畏まらなくても、まだまだ発展途上のうちは遠慮せず‘出る杭’になっていかないといけませんね・・・瓦業界も。この稲穂のように突き抜ける勢いを今・・・いざ上を向いて!!
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日は朝から四国へ集金に出かけましたが、15時から打ち合わせの来客があるので、午前中にてトンボ帰り・・・。ランチの時間も大幅にずれ込みましたが、帰りそのまま寄ってきましたよ〜、洲本インターを降りてすぐの信号のかど・・・やわらかとんかつの‘かつ富士’さんです。



実はお目当てのメニューがありまして・・・。



これこれ、今一押しの新メニュー「淡路島産 猪豚ロースカツ」です!!高級肉である黒豚と猪から生まれたこの猪豚・・・とろけるようなその舌触りはもとより、ビタミンB1が牛肉の10倍、うなぎの2倍と多く含まれており、疲労回復・夏バテ防止に大きく役立ちます。

このメニュー・・・ちょっと注目☆


ナント!!淡路の名産コラボなんです!!実は以前、こちらの会社の神戸営業本部から担当者が来社されまして、瓦人と打ち合わせの結果この度の新メニュー発表となったわけです。採用されたのは、なんと五三判‘GAINA’!!(和名「がいな」・・・淡路の方言で‘すごい’)
それでは、‘がいな’(すごい)料理のご登場〜♪



ドーン!!乗っちゃってます♪おもいっきりトレーからはみ出る大迫力のパフォーマンスです。店長曰く・・・お客さんも「お〜」ってビックリされるみたいですよ。いぶし瓦と猪豚とんかつが今まさに合体です♪



いぶし銀の器も、見ようによっては未来的でお洒落ですね☆カラシもご覧の通り・・・黄色といぶし銀の斬新なマッチングです。



このGAINA自慢の高い水返しと釘穴が、アブラやドレッシングの汁垂れを防いでくれますね(笑)こんなところでもさり気なく性能をアピール・・・。



一般のお客さんは気付くかな〜?多分そんな事どうでもいいんでしょうね(笑)でも瓦人も自ら体験して、やっぱ迫力あって感動しました☆和瓦そのまんまの演出は、和を意識させるのに十分!!瓦を身近に・・・って、もう食器にまで至りましたね。お近くの方も県外の方も、淡路にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。淡路玉ねぎのオニオンスープも付いて、‘淡路満点’な味に舌鼓を・・・。ココロもカラダもとろけたその後は・・・帰って自宅をいぶし瓦で葺き替えですね!!って、そりゃ言い過ぎか(笑)

07月28日: 雨の匂い・・・

カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
午後5時前・・・雷光とともに猛烈な雨。ホント久しぶりの雨でした。ここまで猛暑が続くと雨のありがたさにカラダが喜んでいるのを感じました。

雨上り・・・変な色に染まる西の空です。


雨の匂い・・・感じたことありますか?こんな季節の雨の後には、ふと気付く匂いってありますよね。草木が濡らされて漂う匂い、焼かれたアスファルトに降る雨が蒸発する匂い・・・子供の頃から同じ匂いです。その時々の大自然の機嫌を感じられているようで好きです。


17時過ぎの津井農道

ちょっと一呼吸・・・足を止め、しゃがんで地面に顔を近づけてみてください。どことなく懐かしいイイ匂いがしませんか?

嫁のバースデーディナー案内DMが届いたレストラン「サンマルク」・・・昨日、子供達も連れて出かけてきました。



大阪の学生時代、同じコンセプトの「神戸屋レストラン」でバイトしてる時は、バイト仲間とよく気晴らし(偵察?勉強?)にお邪魔してました。近場の徳島市内にもあるのでそちらへと・・・。


吹き抜けのホールでは、ピアノの生演奏を聴きながらの落ち着いた雰囲気のなか食事を楽しみました・・・。

 
 

アルファ波でココロをリラックス♪張りつめる毎日・・・たまには気分転換も必要ですね。ここまでの暑さにどこか殺伐とさえする今の季節を忘れさせるような、こんなスローな内容もたまにはいいかな?(笑)
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
昨晩は地元の花火大会☆夕方なんとか仕事を切り上げ、子供達を連れていざ夏騒ぎです♪居並ぶ夜店のなかに、またたくまに行列が出来ていく店一軒!!幼馴染のマサキが腕を振るう名物ピンス焼き(ベビーカステラ)屋です♪



美味し〜い☆子供たちに袋ごと渡すと、その後ひとつ〜もくれませんでした(泣)そんなマサキの流した汗のおかげで、たくさんの子供たちにとって夏の思い出に素敵な一ページが加わったことでしょう。マサキ〜、ごっつぉさん♪ほどなく素晴らしい夕景に包まれた慶野松原海岸です☆



砂浜に寝っころび夜空を見上げながら楽しめるここの花火・・・ムード満点です☆そろそろ特等席をキープしようと砂浜が人で埋められていきます。午前中から様々なイベントが続くこの祭り・・・クライマックスに向けて雰囲気を高めてくれるかのような素晴らしい夕日が、花火に負けじと先んじて人々のココロを魅了します。さぁ、開宴です!!




沸きあがる歓声の遥か上空・・・日本の芸術が夜空一面にその華を咲かせます。素晴らしい・・・目を輝かせながら笑顔で空を見上げる子供を膝に抱き、瓦人もしばしこの文化を堪能します。思ったより強い横風、なおかつ三脚も持たず安物のデジカメにてこの素晴らしい芸術を余すことなく撮影するのは難しく・・・視点を変え、具象としてのこの花火の姿を、抽象としてのアートな切り口にて捉えた違った顔です。




地元のみんな、いい思い出ができたかな?祭りに集まる人々の表情を見ると景気の悪さなんてどこ吹く風・・・老若男女すべて一つの目的に向かってココロが一つになったような錯覚に陥るほど盛り上がりますよね。今の日本経済に足らないもの・・・それこそがこの求心力たる何かです。日本人みんなが一つの共通した目的意識を持てたなら・・・花火を見上げる時のようなキラキラした眼差しにみんな戻れるかな?
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日は南あわじ市の旧西淡町でいう‘ふるさと祭り’です。花火大会もあり、夜は観光旅行者も含めたくさんの人出が見込まれております。天気は大丈夫かな・・・?夕方五時前の工場前の景色、妙な上昇気流とともにわきたつ雲です。夕立か・・・!?



今日の瓦人は工場任務・・・長い長いお盆まで続く酷暑、もうそろそろスタッフみんな、カラダもココロも限界ですね。あと約2週間・・・製造業ですもんね、ラストスパートで瓦作りに頑張ります!!

地元、まさしく自宅のすぐ近くに廃業した工場跡があります。当時、達磨窯で焼かれたであろう経年変化で素晴らしく風合いが増した瓦の屋根が現存しています。



廃業が相次ぎ解体される窯元が多い中、稀に残されているこういう‘財産’は大切に残していきたいものです。歴史と伝統の伝承者としても・・・はたまた‘らしい’景観のキーポイントとしても・・・。



このいぶし瓦が醸しだす極上の粋・・・誰が見てもぬくもりを感じますよね♪大地の恵み‘つち’を焼いていぶしただけの瓦・・・時と共に味わいが増すのは自然素材だからこそ・・・。朽ちるからこそあたたかい、古美るからこそ飽きられない。これこそが‘本物’の証し!!知ってほしいですよね、こういう何気ない景観の一部。あってこそ気付かない、無くなってからでは時遅し、そんな自然にとけ込む違和感のない建物がそこにあります・・・。謙虚に佇む瓦屋根の建物が・・・。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日は一日中集金巡り・・・朝一から讃岐の端から端まで&阿波までも走破です♪っと、その出鼻をくじくかのように、出発してから軽快に走る高松道にて「事故・・・志度で降りよ!!」です。しばらくの間通行止めにするほど・・・よっぽどの事故?おそらく路面温度の異常な上昇と空気圧の低下がもたらしたパンク事故かな?最近よく聞きます・・・。この超温暖化の日本、皆さんもくれぐれもご注意を!!

そんな訳で通勤ラッシュで大渋滞の下道を走り、大幅に予定がずれ込み焦る瓦人・・・お得意さんからは次々と「今どこ〜?」「まだか〜?」「どこにおるんや(怒)」「電話にでんわ(笑)」「払わんぞ(怒)」・・・の嵐です。でもでも、狭いニッポンそんなに急いでどこへ行く・・・って感じで、理由が理由・・・正直なところしょうがないので開き直った瓦人でした(笑)そんな汲々としたココロの隙間に飛び込んできた庵治町の小さな入江です・・・。



キラキラキラキラ・・・・・・☆日の光の散らばりに‘ふぅ〜’♪ひと呼吸です・・・。原風景的手つかずの入り江になぜかココロ落ち着き感動しました。さ、夕方になってしまったけど阿波へ・・・。親方の自宅から約30メートル(徒歩やん♪)、まさしくホームグランドにて今朝から入っている徳島市内の葺き替え工事現場へと集金に・・・。


あれ?住宅の密集地・・・トラック野郎ではなかったんですが、今朝大栄’sが早朝搬入したはずの瓦がすべて葺かれてました!!追い込みましたね〜♪自宅にお邪魔すると親方の顔がひとまわり小さく・・・(笑)痩せたんですね♪お疲れ様でした。そんな親方、こちらの物件は明日棟の施工で完成となりますが、またまたこちらも自宅の目の前・・・今度は徒歩10歩ぐらいです(笑)



新築現場が・・・って止まってません?そうなんです、あまりの暑さでか大工さんが調子をくずしてドクターストップです(怖)普通ならもう上棟しているとのこと・・・。親方の段取りは狂っちゃいましたが、いぶし瓦仕様ということに変更なければグーです♪またたのんますね〜。

それにしても暑い・・・(汗)路地を見ても、田舎の夜道でも、そういえばノラ猫の少なさが目立ちます。皆さんもそう思いませんか?瓦人の周りだけかな・・・?でも、逞しい野生生物でも行き場を失うほどの猛暑!!やっぱ異常でしょ。地球全体で考えないと・・・。とりあえずは建物を‘庇の長い瓦屋根’で守ることから・・・。瓦業界に人々(イヌ・ネコ)の命運が・・・!!って言い過ぎかな(笑)
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
瓦人は今日もトラック野郎です♪阿波の新築現場にレッツゴー!!



切妻の大きな建物です。下屋根はまだ全然出来てないのでとりあえず上屋根分の配達です。夏空にまたいぶし銀が映えるんでしょうね〜☆暑い中、無事任務も完了しました♪

玄関部分もダイナミックな和風仕様になりそうです。


この道向かい・・・これまた立派な建物が!!



朝日の逆光なので、裏側は・・・



実は今回の新築現場・・・この大きな和風住宅のご主人さんの娘さん宅だったんです♪いい環境で育ったんですね〜。洗脳?いやいや、日本らしさのなかで育まれた精神は、地に足ついたしっかりとしたアイデンティティーになるのです。子の家を見れば、親が判る・・・もしそんなこと言われるとプレッシャーですよね?(笑)よく言う「親の顔が見たい!!」・・・自信を持って見てもらうためにも全国の皆さん、頑張って‘日本らしさ’・・・伝えていきましょうね♪
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
忙しくて月替わり恒例の瓦人による瓦花器ディスプレイの模様替えを忘れていました。間を見てちょっと気分転換・・・。ちょっと季節を先取り、青々とした夏紅葉にリンドウをあしらってみました。


早朝の陽射しを浴びて涼しげです。隣りにはいつもお世話になっている洲本の花屋さん「エフ・クオーレ」さんからお中元でいただいた洋蘭が事務所に華やぎを与えてくれます♪


暑いさなか、瓦人のひとときのココロの静寂でした・・・。

話はかわり・・・いつも朝早い瓦人の朝食は、子供の頃からですが、ほとんどがパン食です。嫁はほぼ一年中毎日さらに早い4時半起きです・・・弁当とかいろいろありますからね。そんな嫁泣かせ(笑)な瓦人ですが、せかせかと時間無く出かけて行かないといけないので、手っ取り早いといえば失礼ですが、パン食の方が向いています。昨今の物価高騰その他諸々の要因も重なり家計は厳しさを増すばかり・・・。そんななか長期的に見てささやかな経費節減にでもなればと、もう長いことなりますが、早起きの嫁は天然酵母を用いてホームベーカリーセットにてゼロからパンを手作りしています。スタンダードな食パンタイプはもとより、クルミパン、オレンジパンに抹茶パン・・・etc.とバリエーションも豊富です。市販の食パンを買っても毎日となるとけっこうバカにならないですよね。しかも手作りの方が、いろんな添加物もなくカラダにも優しいです♪そんな今朝は、パンではありませんが、こちらもゼロから手作りのシフォンケーキです。

ハチミツレモン


チョコアーモンド


どちらも高さ7〜8センチまでふくらみました♪食感は納得のまさしく‘シフォン’・・・泡のようにフワフワです☆素人にしては上等ですね。エコが高じて最近では趣味の域になっています(笑)ま、瓦人にしてみればどちらでもイイんですけどね、トータルで節約になれば(笑)そんな庶民の工夫にスポットをあててみた今日のブログです☆

そうそう、皆さんにお知らせが・・・。実は今日でこの瓦人ブログ、ナントはじめてちょうど一年になります。パチパチパチパチ〜☆思い出せば昨年7月24日、いろんな人のご協力のもと手探り状態で飛び込んだブログの世界・・・弟のトラック野郎と二人で歩んだ道のりは、実は‘もう一年?’っていうよりも‘まだたった一年?’って印象の方が強いです。毎日ではありませんが、ほぼ二人一緒の更新が続くので、ご覧頂く皆様方にとっては二倍の楽しみもあったかと・・・。その分記事の数も倍!!一年分ですが、二年分のようなボリュームもありますよね。当の本人達はいたって楽観的・・・アクセス解析もなにもないので、雑念なく欲もなく屈託なく毎日楽しく更新することが出来ました。ただただ瓦が好きで・・・そんな純粋な想い、届いているでしょうか?一年が経ちふと初心に立ち返り、瓦というものの素晴らしさを未来へと伝えていくため、再び地に足つけて新たなる決意でのぞむ所存です。まだまだ一年生・・・キラキラした瞳を失う歳ではありませんね♪みなさま今後ともご声援よろしくお願いします☆
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
暑いですね〜(汗)彼岸はまだ・・・?そんななか忘れてはいきません、瓦ブームの火付け役(自称)!!‘箸瓦’も元気です☆瓦人が工場にいるうちにチョクチョク作ってたのですが、すぐに売り切れる始末・・・。最近は瓦人も作る間もなく、今日午前中にちょこっと頑張ってみました。



もういくつ作ったかな?まぁ、1,000個作ったなら1,000件の食卓で瓦が触れられているはず・・・。そう考えると嬉しいですよね♪また頑張ります!!

今日、瓦坐のご注文をいただいた洲本市内のおばあちゃん・・・またまた法事の引き出物としての活躍です♪選りに選った3枚を専用ボックスにいれて袋へと・・・その3枚セットを人数分ご用意です。



そっちまで用事があるから配達してあげますよ〜とのことで、宅配ピザのように洲本市内の「御食国」(みけつくに)で待ち合わせ・・・。



レンガ造りにいぶし瓦が映えますね。レトロでグーです。御食国の説明は長くなるのでこちらをどうぞ→(説明

瓦人が注目したのはこの隣りの銀行・・・誰の配慮か、景観を明らかに意識・配慮してくれました。今の日本人には、このちょっとした心配りが大事なんです♪



こういう統一感が、和であれ洋であれ道行く者の感性を刺激してくれます。美しいと感じるか、雑然と感じるか・・・そういう意識の高まりが今後より一層求められますね。美しい島、淡路島よ再び・・・。各地でこうした風景が増えてほしいものです。

景観・・・といえば今日の夕方、地元商工会の主催で瓦人にも声がかかった地域活性化委員会・・・地元住民等にまちづくりや地域活性化についての意識付けをすることを目的とする事業の第一回ガイダンスですが、瓦業界の若手も数名列席し、未来を見越した熱き議論がこれから始まります。



人が集まる町、人が羨む町、住む人が誇れる町、住む人が帰るべき町・・・を目指し、昔から瓦が中心で栄え、今や完全に意気消沈してしまっているこの津井という町に再び波紋をおこすため一石が投じられました。やるからには目的意識をもって頑張ります。地区に住むまだまだ燻る熱き想いを持った有志の皆さんがいるなら、是非何らかのカタチでご参加下さい。未来の財産とならんことを・・・。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さて世間は3連休にも関わらず、今日も朝からトラック野郎してきました♪昨日日曜日に梱包した瓦達を阿波へと真心輸送です。



また、美しい町並みがここにも・・・ありがとうございました♪無事任務を果たした瓦人、帰り道休憩に寄った鳴門のコンビニ・・・



外壁が木で包まれています・・・。朝から爽やかな印象でしたよ。タイル張り、しかもそれが汚れているコンビニが多い中、ちょっとした経営者の配慮により周辺環境へも非常に貢献します。横にまわると簾まで・・・



景観に違和感なくとけ込むのは、まさしく自然素材ならではのパフォーマンス!!これで瓦葺きの屋根ならば完璧!!売り上げも倍増かな?

午後からお馴染み&幼馴染みの「南海荘」(←只今大忙し♪)さんからの要請で、瓦坐の補充です。若の淡路をこよなく愛する気持ちがお客さんにも伝わるのか、何気にここのお土産売り場ではよく売れています。


数年前に‘かわら美人’に葺き替えてもらって、お客さんからもいぶし瓦の爽快さは好評だそうです☆よく見ればやっぱイイ!!日本の原風景としての瓦屋根・・・あって当たり前、なければ物足りない、そんな存在こそがいぶし瓦なんですよね。


別注六角形の家紋入り巴もグーです♪夏空にまさしく燦然と輝く瓦屋根の宿・・・みなさんも一泊いかがですか?淡路の天然モノのオンパレード・・・やみつきになること間違いなし!!(あれ?南海荘の宣伝になってしまった(笑))
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
昨晩は親戚のカズトモんちにお邪魔して、淡路の未来について語り飲み明かしました。実は、このカズトモ・・・瓦坐が遂に完成!!って時に、ブログ発表前夜に事務所に駆け込み、誰よりも早く手に入れたかった・・・と、10枚のセットを持ち帰りました。ということで、普段から愛用しているという、まさしくこの世で第一号の瓦坐を体験です♪



熱き想いは語りつくせず、ビールにワインにきりがいい頃にて御披楽喜です。そんな訳で、朝からずっと頭の痛い瓦人です(笑)厳しい暑さも追い討ちをかけ珍しくグッタリの日曜日でした。でも、昨晩注文のあった瓦を梱包・積込みに出動・・・またまた明日もトラック任務です。なんとか午前中に仕事を終えてふと・・・氷食べに行くぞ!!です。お馴染み親戚の「けひの海」さんがオープンしたばかりのカフェへとレッツ・ゴー!!


フロントロビー入って左・・・Cafe&BAR「SORA」はあります。



開放感溢れ、リゾートらしいカラフルな色使いがお洒落な店内です。



目の前に広がる慶野松原の海・・・サンセット時はロマンティックですよ♪



イメージカラーのサンセットオレンジで塗られたカウンターにはさり気なく・・・



気軽に使ってもらえるようにと瓦坐も粋なテイストを添えています♪さあ、氷氷・・・10種類近くあるソースの中で‘リゾート気分で現実逃避♪’ってな感じで瓦人がチョイスしたのはマンゴーです。



圧倒されるほどの量に満足です☆

夏らしく‘風情’もあります。そう涼しげなわらび餅です♪



ごちそう様でした。夜も遅くまでやってるし、宿泊じゃなくても誰でも気軽にお越し下さいとのこと・・・地元の人でもプチリゾート気分に浸れそうですよ♪ココロの静養・・・たまには時計と携帯電話を置き去りにし、太陽の動きとともに自然が織り成すトキの流れを感じてみませんか?

見上げれば真っ青な空に輝く太陽☆夏も本番です・・・。

07月19日: ☆夏本番☆

カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さぁ、子供達は夏休みに突入!!各地では様々な‘夏模様’が繰り広げられます。四季のある国、日本ってやはり素晴らしい・・・。

今日も四国を走る瓦人・・・お得意さん達もお盆までラストスパートです。お邪魔した先にてある‘土産話’・・・忙しいなかでも、なんとか来週着工の現場があるからとのことで現場を確認に・・・。



入母屋の母屋に切妻の納屋・・・この傷んだスレートから一斉に‘かわら美人’に変身です。まさしくこの讃岐の青空に映える見事な屋根へと・・・来週乞うご期待ですね♪

続きまして、仕様変更になった同じく讃岐の葺き替え工事中の現場へと・・・。



暑い中、この大きな屋根を職人さん一人で葺いていました。こちらはトラック野郎も運んでなかったのですが、下屋根の裏側から施工中です。夕方以降の雨に備えてシート養生もバッチリですね。左奥にチラリと見えるのは・・・?



実はこちら・・・以前この建物の裏側に見える増築部分瓦坐を使った棟で遊んだ現場の母屋だったんです。母屋の仕上がりが楽しみですね♪・・・って、立派な箕甲造りの入母屋屋根には‘遊び心’は合わせ難いかな?お得意さんの手腕に期待です♪

そうそう、今日は現場の土産話とともに‘リアル’お土産もいただきました。お得意さんの奥さんが営むお店にお邪魔してたら、子供さんに着せてあげて〜♪とのことで、綺麗な和柄の手作りワンピース×2枚です。



和柄がお洒落・・・。





ありがとうございます♪ここ数年、大人はもとより子供服のショップでも目立つようになった‘和柄’コーナー・・・。やはり次代は‘和’です。日本人がいつまでも相対的な視点も持てないうえでの一つ覚えのように心酔してしまっている洋風への傾倒・・・、それをいまだにブームだと錯覚する建築業界だけが、一歩も二歩も遅れてでもかまわないから、‘ダサイ’‘古い’という感覚にならないものか・・・。

早く気付かないと・・・この国の美しさを失い切ってしまわないうちに・・・。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日は最高の暑さじゃないでしょうか?会う人会う人が口々にそう言います・・・。そんな‘ほぼ’徹夜明けの今日の瓦人、朝からまた活動開始です☆以前ご紹介した地元の高台にある別荘地・・・そこに唯一ある日用品ショップさんからの依頼で‘ちんまり瓦’の補充です♪

リゾート地っぽくディスプレイも爽やか・・・


これから夏休み・・・別荘地には多くのオーナー達が帰ってきます。ショップの店主さんも、常識を覆すほどの瓦のお洒落さにどんな反響があるか期待してました♪このショップのすぐ隣り、この地の住民はもとより瓦人たち地元の人の間でも話題になりつつあるお洒落なカフェ・レストラン「カモメテラス」さんでも‘ちんまり瓦’が活躍していました♪


完全なオーシャンビュー☆そんな絶好のロケーションにあるこちらのお店のエントランス前にあるオープンテラス・・・爽やかな海風、燦々と降りそそぐ夏の日差しを受け止めるカラフルなパラソルの下、リゾート気分に斬新なテイストをさり気なく添える‘ちんまり瓦’です。



こちらにも・・・


得意の‘プクプク’・・・ちゃんと呼吸してますね♪



お店の中にもいたる所に・・・




現実を忘れさせてくれるお洒落な雰囲気・・・こんなお店での食事は瓦人の感性を十分刺激してくれそうです♪今回は拝見させていただいただけでしたが、今度是非ご馳走になりにお邪魔します。洋の東西を問わず、どんなシチュエーションにもごくごく自然に存在感を示す瓦坐をはじめとするお洒落なkawaraモノ・・・目の肥えた違いの判る人々に是非この素晴らしき素材‘いぶし瓦’の風合いの良さを知ってほしく・・・。まだまだ未来は広がりそうですね☆
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
昨晩初めて平日のブログが書けませんでした。ご心配をおかけして・・・ってナイナイ?(笑)昨日は以前ご紹介した神戸のお得意さんと、瓦の進むべき道を互いに模索すべく勉強がてら瓦の他産地を巡る旅に同行させてもらいました。朝4時過ぎには行動開始・・・淡路島→神戸→滋賀→愛知→三重→神戸→淡路島・・・帰りはなんと夜中の3時でした。充実した視察のなかでも特に印象的なのは滋賀県の近江八幡市にある‘かわらミュージアム’でした。



タイムスリップしたかのような昔ながらの日本らしい町並みが続くこの一帯・・・いぶし瓦の産地淡路島としては非常に羨ましく、現代人(いま)が忘れていったものがそこにはありました・・・。多くは語りません、しばし‘帰るべきココロのふるさと’をご覧下さい・・・。

































施設内にあるカフェでは・・・







同じ瓦の産地として考えさせられる部分が多く・・・。県・市など行政も一丸となってのここまでの‘アピール’・・・淡路としてなぜ今まで無かったのか?景気の良い時こそこうした先見性(可能性の追求)をどうして持てなかったのか?確かにここでは‘人’が集まって(帰ってきて)いました。過去を責めず、遅かろうが産地として分相応の地に足ついた建設的ヴィジョンを示す必要に迫られています・・・ごく喫緊に。産地が衰退してからではただの‘思い出アルバム’に終わってしまいます。他人の振り見て我が振りなおせ・・・世間は広いです、もっと大きく柔軟なココロをもって、可能性に溢れた‘大海’を知るべきこの淡路の瓦業界・・・。そんな言葉で締めくくる瓦人の見聞録です。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
最近、現場ラッシュかな?連日四台、五台と大栄’sも大活躍♪トラック野郎も疲れ気味?今も隣りのパソコンでブログ中〜。最近あまりの疲労だと書かない(書けない)そうです・・・。コメント返せてない日は心中察してあげてください(笑)もちろん、二号車が出動できる日は瓦人もトラッカーです。そんな訳で今日もトラック野郎してきました。本日はナント3時起きにて四国を三箇所攻め・・・まずは高松のお得意さんちに五分調整瓦をパレット搬入です。



必要な時いつでも使えるように在庫保管ですね♪無事に倉庫入れ完了。このパレットを降ろしてもそのまま発進出来るように、積荷はこのように最後の列だけ横積みにして縁を切ってます♪



ということで難なく次の目的地阿波へとリターン・・・。二軒目は先日瓦人が上屋根分の瓦を運んできた北島町の葺き替え現場です。工事中に、ついでに下屋根もリフォームしてください・・・とのことだったそうです♪準備も万端のようですね〜。



少しでしたが、カーポートの中へと真心搬入〜。



さて、本日ラストを飾るのは同じく阿波は石井町の葺き替え現場・・・今朝から着工してるとのことで、瓦人がちょうど10時前に到着の頃には屋根も下準備完了〜。細長〜い倉庫でした♪



あとは無事に汗タラタラになりながらの任務も済ませ本日のハードスケジュールも終了です。早起きは三軒のいぶし瓦屋根をつくってくれそうです♪夏は暑い!!言っても涼しくはならないのでしょうがないのですが、やっぱ外での仕事をする職人さん達は大変です。いわゆる‘3K’に違いありません・・・。でもそのおかげで和の景観が!!何十年、何百年と・・・みんなの頑張りで日本の町並みは守られてきたんですね。その‘3K’がまた‘瓦屋根’‘(和の)景観’‘(見るものを魅了する)感動’の三つの‘K’に繋がります・・・。そんな瓦造りという仕事に乾杯!!
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日もうだるような暑さ・・・今年はお盆休みまで長そうです(汗)現場の動きもラストスパートかのように活気に満ちてきました。暑くとも、そこに甍の町並みが続くなら・・・と、職人さんたちは皆頑張っています。毎日どこかでいぶし瓦の町並みが増えている・・・そんな確信めいた自信が、折れそうなココロに前を向かせてくれます。

讃岐での現場確認・・・贅沢なまでの大きなガレージは施工完了。母屋も大工さんが一所懸命野地板を張っていました。綺麗に反った寄棟屋根は讃岐らしいですね。



確かに・・・いぶし瓦の屋根は増えています!!

その後、先日お祝い事があった阿波のお得意さんちにお邪魔しました。ほんと、心と心の交流・・・お祝いをするとお返しをされる、そんな日本人ならではの礼儀というべきか作法というべきか、風習というべきか慣習というべきか、こんな時いつも思います・・・人を思いやるココロってあたたかいと・・・。めでたいことに対して何かお祝いをすれば「どうもすいません・・・」、それに対してお返しをすれば「こちらこそすいません・・・」。‘ありがとう’よりも前に‘すいません’が返ってきます。この謙虚・謙遜な態度こそ控えめで奥ゆかしい日本人らしさの象徴です。美しいとは思いませんか?そんな美しい思いやりで返された懐かしい和飴です・・・。





色とりどり・・・どうもすいません、ありがとうございました。

その後夕方お邪魔した同じく阿波のお得意さん・・・先日の妹の結婚式にお祝いまで頂いていたので、内祝いを預かっていったのですが、またまたそれ以上に返された‘思いやり’です・・・。



自家製(ほとんどほったらかし(笑))の無農薬トマトです。夕日にキラキラ輝くそのみずみずしさは、やはり純粋な‘思いやり’からくるホンモノの証し・・・。こちらも、どうも申し訳ない、ありがとうございます。

そんな人を思いやる優しさは、丸〜い輪となり続きます。

そう、これまた阿波のお得意さんちでいただいた和菓子の‘和’のように・・・。

カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さぁ、今日は阿波の葺き替え現場と新築現場2ヶ所の積み合わせにてトラック野郎でした。暑さは覚悟してましたが、もう言っても仕方ないことっすけどね・・・。そんな一発目・・・北島町の葺き替え現場に暑さを逃れるように6時半に到着〜♪(近隣の皆さん、すいませ〜ん)



奥に見える切妻屋根がそうです・・・奥に見える?いや〜な予感が的中!!機械を探したくない心境でも探さないと・・・。案の定、真裏です(泣)しかもこの細い道を通り、そのまた奥の奥にありました。

 
まさか〜、早朝からこの数十メートルを抱え込み?悩んでも埒があかないので、覚悟です!!


っと、その時、施主のおばあちゃんが・・・。このカーポートに置いてって言っとったで〜。ラッキー☆っといってもトラック後部からの運び込みでしたけどね(汗)

カンカンカンカ〜ン♪

この時点でかなりの汗ビチョです。さぁ次の現場へと・・・。

今日のメインはこちら徳島市内の新築現場です♪こちらも住宅地のど真ん中!!トラックを敷地に強引に入れると置き場ナッシング〜。



到着を待っていた職人さんと瓦を上げてしまうことに・・・。この時点では当然カンカン照り☆頭が朦朧としながらもなんとか任務完了です♪今日も二軒のいぶし瓦の屋根が出来ました。暑さよりも汗よりも、なによりそれが一番嬉しいことです。施主さん、大工さん、いぶし瓦を選んでくれてありがとうございました。

さぁ、今週も始まりました。昨日の焼肉パワー・・・さていつまでもつでしょうか〜?今日までかもしれません・・・(笑)

そうそう最近こんな夕景に出会いません?雲がいろんなカタチで大きくなっていく様・・・そうです、入道雲です。




(弊社事務所前からの夕景)

これだけ照りつけると、その反動でモクモクと・・・。季節らしくていいですが、皆さんくれぐれも夕立には気をつけてくださいね。異常気象続きの昨今では、半端なく豪雨の予感です(笑)
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
近畿地方は梅雨明けもまだ・・・気象庁も‘思い切り’がなくなりましたね。責任逃れのためのフレーズ「○○日に梅雨が明けていた模様です・・・。」その優柔不断さが日本人らしいといえば日本人らしいですけど、はっきりと「明けた!!」と言って、後日まだなら「すいませんでした、まだでした。」で、いいと思うんですが・・・。いつからでしょうね〜、変なフレーズで表現するようになったのは(困)今日なんか、完全夏空です♪

そんな日曜日、結局朝から携帯電話が五件も鳴っちゃいました(泣)出荷の段取りです。昼まで拘束され汗ビチョです・・・。明日は瓦人もトラック任務。テンコ盛りの積荷は阿波へと・・・リポートはまた明日のブログにて・・・。ということで、精神的にプッツンきてしまった瓦人、昼からナント商売道具の携帯を切ってやりました(笑)‘開放感’と‘罪悪感’のせめぎ合い・・・なんともいえない心境を体験した瓦人。完全なる職業病ですね(笑)

ふぅ〜疲れた・・・。夕方、家族を連れて焼肉へ・・・。充電完了!!



お盆まで一ヶ月・・・みなさん夏バテには気をつけて、頑張りましょう♪
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さぁ、今日も瓦人はまたまたトラック野郎してきました。もう完全に‘夏’ですね☆ジッとしてるだけで汗・・・。気温が体温を超すのもまもなく・・・?こちらは阿波のお得意さんち、どうしても紐のしが欲しいとのことで、桟瓦も2パレット押し売りです♪



ど〜ん!!


そんなこんなで、またいぶし瓦の屋根が増えてます・・・。こちらの親方・職人さん達、みんな70歳過ぎてます。でもそんな昔の人ほど‘暑い’なんて言ってません!!ホント鍛えられてますよね。まだまだ20年は瓦買ってくださいね〜♪ウチが残ってればの話ですけど・・・(笑)

そうそう、夏といえば‘祭り’。昨日の夜、隣町にて納涼祭がありました。小さな小さな昔ながらの商店街・・・大型ショッピングセンター等の行き過ぎた競争にも負けず、みんな元気に頑張り残る‘商い’・・・そんな小さな通りに群がる‘活気’です♪


いいですね、祭りって・・・。日本人って面白い!!お年寄りはもちろんのこと、めっちゃいかついニーチャンもネーチャンも着物で身を包んだりします。浴衣なんか風情もあってグー♪時は流れてもどこか騒ぐ血を感じるのは、日本人ならでは!!残していきたいですね、いつまでも。そんな瓦人、普段は子供達の目の覚める前にはいなくなり、眠った後に帰ってくる毎日。ともすれば日曜日すらままならぬことも・・・。ということで昨日は早めに切り上げ、数年前にユニクロで買った甚平を着て、自前の下駄まで履いてのプチ家族サービスです♪この商店街にはいとこの店もあり、親戚のチビ達集合しての夜店巡りです☆



この幸せ・・・いつまでも♪
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日も讃岐縦断、突っ走ります。腰を据えての昼飯すら危うい過密スケジュール・・・そんな夏の日、三野町にて出会った‘縁’です。讃岐西部のお得意さん何人もが口々に‘あそこは美味しい’と太鼓判を押す三野町のたこ焼き屋さん「せきたこ」さんに寄っちゃいました♪



笑顔のおまけ・・・頂いちゃいました〜♪「どちらから?」「淡路島から瓦の営業で・・・」「へぇ〜」「ここ、お得意さんみんなが美味しいって言うんで寄ってみてん♪」「ありがとう♪」そんな会話が弾む初対面同士・・・無邪気な笑顔の若いニーチャンです。

「瓦って・・・和瓦?」「そうですよ〜。」「やっぱエエよね〜、僕も子供がもうちょっと大きくなったら、小さくとも家が欲しい・・・。でもずっと住むならやっぱ和風やね。瓦葺いて落ち着きたい。」「ほんまやね〜、そんな言葉が聞きたくて頑張ってます。」若者にこそ、こうした和風回帰傾向に意識が戻りつつありますよね。自信(しっかりとした目的意識)を持って生きている若者にこそ、こういう傾向にあると数年前から瓦人は思っています。‘地に足’ついてるんでしょうね。だからこそ、日本人として当然の選択のごとく‘和’を選ぶのでしょう。これもまた‘縁’・・・和が繋ぐ人の輪ですね。



お勧めは?との問いに、任しといて〜です♪焼き立てを待つ瓦人・・・ハイ、お待たせしました〜。一番人気のネギたっぷり「ねぎたこ」です。



あれ?


お〜い、二つって・・・?「せっかくの淡路からのお客さん、サービスで食べてください。」「いやいや、そんなん気の毒や〜、お金取ってくださいや〜。」「アカンアカン、そんなん要らん・・・。また食べに来てくれたらエエんですわ。」なんと讃岐人の人情に感動しました。遠慮なく腹一杯になった瓦人です。瓦人的に、この撮った写真が滲んで見えたかどうかはご想像におまかせします(涙)でも、‘人の優しさ’ってホントいいもんです。人情の国、日本・・・世知辛いこの世の中において、みんな忘れかけている何かがそこにはありました。商売もそう・・・利己よりも利他!!人の喜ぶ顔が見たくての商いだったはず・・・。世を騒がす食品偽装・・・お天とうさんのもと、ホント顔を上げて歩けないはず!!そんなのは武士道の国、日本人ではありません!!

目先の利益ではなく、‘将来のお客さん’を得る・・・教訓めいた出会いに教えられた今日の瓦人です。
‘笑う門には福来たる!!’・・・まさしく笑顔に勝るものなし。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日も瓦人は早朝からトラック任務・・・阿波の葺き替え現場に参上です♪



奥に見える古い入母屋屋根が今日のターゲットです♪現場の都合で、古瓦を撤去する前に、レッカーにて敷地内にパレットごと降ろす作戦でした。そんなこんなで、‘お先に失礼〜’とばかりに、天に舞う瓦達です。



無事、すべてのパレットを降ろし終え現場撤収です・・・って、今日は10日!!集金ラッシュの日です。瓦人父に営業車で阿波まで渡ってもらっての待ち合わせ・・・。トラックと交換して瓦人はそのまま集金巡りです♪行く先々のお得意さん事務所にて近況を確認・・・。お盆までの物件数を把握します。

ちょっとランチ休憩・・・


当然現場での集金も・・・。こちらは徳島市内の葺き替え現場・・・。



上屋根は完成。下屋根をめくっている最中でした。なんと今日の炎天下にて、職人さんが一人午前中でダウンして帰ったそうです(汗)皆さんくれぐれも注意してくださいね。適度な休憩と十分な水分!!ホントご苦労様です。

こちらは鴨島町の大きな新築現場・・・。



一人で葺いてる親方は「ふぅ〜」・・・精神的にやられてました(笑)でもこの汗一滴一滴のおかげで瓦という文化が紡がれています。若い職人さんが減り続けるという瓦にとっては悪循環が続きます・・・。地道な努力だけでは遅いかもしれませんが、「誰かがやらねば・・・」の精神で頑張ります。走り回った本日、21時半過ぎにやっとデスクワークも終わりブログタイムです・・・。これもまさしく、継続は力なり!!誰かがやらねば・・・おこがましくも肩に背負うものを感じながらの意地の投稿です♪
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日は先月に引き続き、改正建築基準法に基づく瓦の耐風圧性能試験を行ってきました。今回は53判GAINAの出番です。



前回と同条件にて無事150回クリアです。



この条件での引き上げる力というのは、具体的に例えると昔からある背筋力の測定器においておよそ270kgの数値に匹敵します。相撲取りにおもいっきり引っ張りあげられてるような感じです。(横綱クラスって?(笑))それを150回耐えたのですから上出来ですね。屋根の上にてくれぐれも試さないでくださいね♪でもこの偽装の蔓延る世の中・・・寄らば大樹の陰ではありませんが、一応公に定められたルールに適合させることは、客観的な信用にも繋がります。合格してホッとした帰り道・・・道端の自動販売機前にてちょっと一服です。



な〜んか得した気分ですね♪あらゆるものの物価が高騰するなか、ここだけは・・・。誠実なのか何なのか、地元でちょくちょく見かけます。ま、この‘ちょっと得した気分’・・・これが大事ですね。

このすぐ近く・・・リアル‘寄らば大樹の陰’。


台風?地震?何にしろ危機一髪ですね。当の建物自体はそんなまわりの心配をよそに、大樹の逞しさに包まれて安心しきっているようにも感じられます。事実、下で昼寝するネコです・・・。



本能的に‘安全’と確信してるからこその‘無防備’でした。日本人の根本精神にあるこの「寄らば大樹の陰」・・・合理的で、何も恥ずることのない素晴らしい精神世界です。ただ願わくば・・・、歴史が証明する誇らしきこの瓦という存在が、この傾いた建物のように受動的・消極的立場で世の大勢にその身を委ねるのみに甘んじるのではなく、自信と誇りを取り戻したこの能動的・積極的‘大樹’の立場に成らんことを・・・。

1,400年の礎は、しっかりとした根を大地に張りめぐらせた大樹たる証拠です!!地に足つけて歩けるはずですよね、この和瓦も・・・。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日、高松市内にて可哀相な建物を見かけました。新しいモダンな住宅が今まさに建ち並びつつある小さな住宅地の一角・・・それは捨てられた老犬かのごとく悲しげに座っていました。



瓦人、何故立ち止まったかというと・・・外壁の腰の部分に何故か使われている色とりどりの‘焼き物’に惹かれました。



素焼に釉薬・・・まさしくランダムで遊び心満点な自然体な仕事・・・。スレート屋根にトタンの壁、その痛々しいまでの傷み加減とはうらはらに、焼き物であるこの壁の経年変化による見事な風合い・・・。ホンモノとニセモノ・・・そのポテンシャルの差があまりにも対照的で印象に残りました。



逞しく・・・ただひたすらに・・・。焼き物特有のこの経年変化による美しさはそのまま‘瓦’にも共通します。‘汚らしい劣化’とは違う、‘古美る’という肯定的・建設的な意味合い・・・。風合い、味わい、あたたかみ、ぬくもり、優しさ、逞しさ・・・瓦の意味を考えるとき、こういう形容詞を添えてほしい・・・。千年の歴史を持つ‘本物’は、定規で測れるような薄っぺらい世界ではないんです。昨今の軽々たる扱いに憤慨する瓦人です。

夕方、淡路島に帰ってきた瓦人の目に映る‘原風景’です。


遅ればせながら田植えの終わった田んぼに佇む‘経年変化’です。



まさしく‘風合い’‘味わい’と呼ぶに相応しい古美た瓦が魅せる素晴らしい景色です。阿那賀(あなが)駐在所の真裏ですが、これぞ淡路島って感じの懐かしくも誇らしい玉ねぎ小屋ですね。時が経つにつれて深まる美しさ・・・瓦という本物ならではの成せる仕業です。そんな色褪せることのない瓦の本質について、もう一度考えてみてください・・・日本人であるならば。
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日は瓦人も急遽のトラック任務・・・。集金に現場確認に打ち合わせ・・・を予定していた瓦人、トラックでの300キロ走行を覚悟です!!

とりあえず、讃岐のサービスエリアで休憩〜。



その後、無事配達も済ませ、トラックのまま集金に現場にと爆走の月曜日です。阿波の新築現場では、親方がちょっと手を止めて現場を空けるから着いてきて〜・・・とのことで、軽トラの助手席に拉致られ二件の葺き替え予定屋根の実測です。

 
どちらもセメント製のスレート屋根です。最初から瓦にしてれば20年ぐらいなんかでリフォームしなくて済んだかもしれないのに・・・。そうそう皆さん、この焼き物である瓦というものの耐久性は、こうした将来のランニングコストと申しますか、長い目で見たうえでの経済性に優れているんですよ。もちろん‘エコ’って意味でも!!エンドユーザーの皆さんには、ただただそれを知ってほしい・・・。

もっと長い目で見て、‘景観’(美しい風景)にも配慮できます♪今日の一枚・・・15時過ぎ、阿波の御所温泉前の道の駅にある本葺き円弧状屋根・・・



夏でも冬でも、ほんと瓦屋根はモミジとよく似合います♪そんなココロに響く屋根を是非・・・。日本の景色を少しずつ(一軒一軒)‘美しく’戻していきましょう・・・。

そうそう、昨日日曜日の夕景・・・ココロが奪われました。海岸までは出て行けませんでしたが、自宅の部屋から望む‘真っ赤’に染まる夏の空です・・・。


目の前の瓦の窯の煙突がイイ味出してます。もちろんこちらも廃業した窯元の煙突です(寂)今では、このように風景を引き立てる味付けでしかなくなった煙突・・・、本来は現役バリバリの活躍を見せていてほしいというのが本音かな?
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
洲本アルチザンスクエア前の芝生広場です。家族と買い物で寄ったジャスコの駐車場出口前・・・浜風にゆらゆらとなびくたくさんの‘願い’です。



子供にカップルに大人にお年寄り・・・こういう素直なココロはいつまでも大切にしてほしいですね。願い・希望・夢・・・そんな向上心のある生き方こそ美しい。(ドラマ「ルーキーズ」に完全にはまってる瓦人です(笑))

さぁお昼・・・‘淡路産’を食します。淡路原産の猪豚です。一般では流通していないほどの高級肉、そのとろけるような食感は・・・



百聞は一見にしかず!!是非みなさんも一度ご賞味ください。その後帰り道・・・さきほどの広場での‘願い’達を思い出し、お馴染み「南海荘」さんへと直行です♪もちろんフロントカウンターにある短冊に想いを書くためです。便乗願掛けですね。


子供たちと共に‘伝統’を楽しみます♪夜、空の星を見上げてみましょう・・・。流れる星がその願いを運んでくれるかも。南海荘さん、お騒がせしてすいませんでした。

淡路島、とくにこの辺り旧西淡町は狭い道と坂の多い田舎町・・・。屋根を目線の高さで、また目線の下に見つめることが当たり前のように出来る情緒ある町並みです。宿の玄関を出てすぐ、その身近な甍の波は一つの‘景色’のごとく、手の届く距離で続きます。



その陰影、美しく・・・。瓦屋根を語るとき、‘情緒’‘風情’‘味’・・・これら精神的な要素を抜きには無理ですね。感性に訴えかける屋根・・・それこそがこの波のような曲線の連なり、和瓦です。そんなキーワードのもと、これからは出来るだけ‘美しい’と感じた屋根の姿・陰影・・・たとえそれが古民家に残されたほんの一部分だとしても、目線の高さにある‘美しきもの’として意識していきたいと思います。日本人として‘良きもの’を伝えることをあきらめず・・・瓦人としてのこのブログでの仕事は、こんなことも必要だと思った日曜日です。

07月05日: 最後の雷鳴?

カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
天気予報は一週間先まで晴れマークのオンパレード・・・。そんな今朝、裏切るかのような、または、梅雨の最後のあがきかのごとき雷鳴が轟きます。

これで‘明け’かな?

サウナのような外気に包まれる土曜日、工場でもみんな滝のような汗です。出荷の段取りに引き取り荷の梱包に、もちろんトラック野郎も積込み任務に・・・と、みんなダイエット出来たかな?(笑)

そんな本日、それとはかけ離れた世界のような話題を一つ。もちろん‘瓦坐’の活躍です。このたびのご依頼は地元淡路島の方ですが、法事の引き出物として‘淡路島らしいモノ’を是非にとお探しになっておられました。そんな時目についたのが、神戸新聞の一紙面を割いての創刊110周年記念企画「兵庫の名品見つけま専科」の記事だったそうです。このご婦人・・・ずっとこの新聞を持っていたそうです。祝い事ではありませんが、淡路人として‘淡路の良さ’を伝えたいというごく純粋な気持ちでのご依頼でした。厳選の3枚を専用PPボックスに・・・。



清潔な白い袋に梱包させていただきました。



集まられる方々に喜ばれるといいですね。見て飾るだけの伝統工芸品ではなく、実用性も兼ね備えた和の文化の象徴としての‘瓦’の進化形・・・。そんな瓦坐の活躍の場は限りなく・・・。見て触れてその手作りのあたたかさをもって、瓦という素材の素晴らしさを思い出してほしく・・・。この他にも淡路名産の線香をセットされるそうです。いいですね、こういうはからい。明日の日曜日に取りに来られる予定ですが、お天気は大丈夫そうですね。

その雷鳴・・・〜瓦atelier〜‘未来考房’においては、賑やかに人が集う‘ざわめき’に置き換えられるかな?(言い過ぎか(笑))。でも将来そんなふうな‘賑やかな’atelierになることを夢見て・・・。

雷鳴こそまさしく‘はじまりの鐘’・・・その響き、天まで届け!!
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
なんと、実質・・・梅雨明けですね。昨日の記録的猛暑の置き土産なのか、四国へ渡る朝5時半の鳴門・・・猛烈に重々しい霧が幾重にも・・・。





視界は数十メートル!!‘真っ白’につっ込む瓦人の心境は、瓦業界の置かれている現況とまさしく同じ‘五里霧中’・・・。抜けたその先に待つのは果たして!?幸い‘快晴’でした☆

猛烈な暑さでバテ気味の胃には、冷たくコシコシの‘ざるうどん(大)’・・・。お馴染み高松の「ふるかわ」さんにて一服です♪



さぁ、仕事仕事・・・。今日はいろんな現場へ配達やら労いにお邪魔しました。皆さん、腕も顔も真っ黒です。職人として瓦屋根普及のために直向きに・・・頑なに・・・頑張り続けるその姿・・・まさしく‘プライスレス’!!価格だけで判断する風潮のある昨今、瓦人は素直に思います・・・‘バチがあたる’と。汗をかく人が報われる世の中に早く戻ってほしいですよね。

そんなワンシーン・・・高松の新築現場です。こちらの親方、昔からファックスすらない(決して現代文明の否定ではありません(笑))‘黙して語らぬ’職人さんです。コテコテの讃岐棟仕様の予定ですが、コロコロ仕様変更するは、ファックスは無いは、黙して語らぬは・・・で、埒があかないので瓦人が棟と壁際の実測に直接お邪魔しました。



見事な入母屋造り・・・。豪快に立っているのは阿波物の雲頭鬼(尺五寸六ツ組)です。玄関鬼に隅、降りとオール雲頭鬼です。完成はまだまだ先ですね。



爽快に冴えわたるいぶし瓦・・・。瓦人は今日改めて思いました・・・いろいろある日本の住宅(建物)において‘美しい’と表現できるのは日本建築だけだと。社寺に代表されるように、その姿、その曲線、その醸しだす雰囲気・・・。分譲地に建つ個性無き建売りのそれらを果たして心底‘美しい’と表現できるか・・・?それはたとえ日本人でなくともそう感じるはず・・・。
残していきたいですね‘美しき日本’・・・。

『暑中見舞い』全国の職人さん達・・・頑張ってください!!
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日の不快指数ときたら120パーセント?なんとも湿度の高い真夏のような天気でした。強い南風が運んできた、まさしく濡れるように潤んだ空気に包まれた地元です。


淡路瓦の中心ともいえる瓦人も生まれ育ったこの津井地区・・・。狭い道、上り下りの激しい坂・・・と決して瓦の一大産地として似つかわしくないようなこの小さな小さな田舎町にて、まさにこの道並びで今はなき多くの窯元が競うようにと黒煙をあげていました。それも今やほとんどなくなり、跡地と称する空き地の点在が目立ちます。



今日ほどの高い湿度にて、山も海もその緑や青が潤んだように見えるほど、さらに空気(風)までがしっとりと濡れているように感じました。照りつける太陽もその潤んだ空気のおかげか、レンズ効果で余計に暑く感じました。傍から見れば‘風光明媚’な素晴らしいこの土地・・・地元の人にはどう映っているのでしょう?潤んで見えるその町並みは、活気を失いつつあるこの景色が流す涙のせいではありませんよね。瓦を取ったら津井ではなくなります!!瓦人達次の世代の肩にかかる重いもの・・・守るべきは‘日本の文化’です。津井が津井であるために・・・しっかとこぶしを握りしめた瓦人です。

そんな一つの小さな希望‘瓦坐’の活躍をご紹介・・・。さまざまなシーンにて人の喜ぶ顔に出会っているこの瓦坐、冠婚葬祭・・・etc. 贈り物としてそろそろ定番になりつつあるかな♪そんななかこの度のラッピングは・・・



今回瓦坐に与えられたのは、結婚の内祝いとしての活躍の場です。



厳選の四枚がオリジナルPPBOXにて梱包されました。グッと印象がよくなりお洒落ですね♪もらわれたその先で、またささやかな幸せの会話が生まれることでしょう。‘人様に喜んでもらえてこそ’・・・この商売の原点を忘れなければ、いつかきっと瓦の町を濡らす涙も乾くかな?そんな想いをめぐらしながらのセンチメンタルブログでした☆

07月02日: 時節柄・・・

カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日もラッキーでした☆集金やら何やらで讃岐を縦断し、とあるお得意さんちに用事で寄ると、またまた都合よく昼メシタイムです。うどんでも・・・との瓦人の誘いに、「いや、肉喰いに行こう!!」です。遠慮せず注文したのは・・・

特上サーロインの焼肉定食です♪(メニューの一番上のヤツ)


マジでとろける柔らかさ!!(等級A5ですね(笑))もちろんゴチになりました。ありがとうございま〜す。奢られてばっかりで恐縮ですが・・・、あとが怖そうです(笑)何で恩返ししたら・・・?

そんな満たされた瓦人が次に訪れた先にてまた出会いました、‘風流’に・・・。そうです、やはり時節柄今は七夕ムード満点ですね☆これまた見事な着物姿の事務員さんに出迎えられ、アロマなお香の香りに包まれBGMまで流れる事務所にて、席に着くなり一言「願いを書いてください♪」雰囲気にのまれて、足が浮ついた瓦人が書いた一言は・・・。

「地に足つけて」



地に足ついてないからこそ書いた一言です(笑)


ん?「棚からぼたもち」・・・(笑)職人さん達みんなも吊るすみたいです。いいですね、童心に帰ったみたいで・・・。こういう行事では、日本人だからこそのDNAがそうさせるのか、いくつになっても子供のように‘素直’になれますよね。文化・風習・・・etc. ココロが擦れてきたなと感じるそんな時、それら‘日本ならでは’を思い出し触れてみるといいですよ。そんな澄んだ心で見る風景・・・瓦屋根の美しさに改めて気付くアナタがいるはずです・・・。瓦も文化!!日本人だからこそのDNAに響くはず♪
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
さて今日から七月・・・気付くと早くも一年の半分が過ぎました。そんな月初は夏らしい快晴☆今月はどんなことが待ち受けているのでしょう?

阿波の集金先で触れ、思い出した‘風習’・・・

ばーちゃんが採ってきた笹に、子供たちが両親に祖父母にと宛てた手紙が飾られています。ほのぼのです♪もちろん自分の願いも込めて・・・。そういえば七夕ももうすぐ・・・、日本の風習の一つとなったこんな行事もなくてはならないものですね。皆さんも夜空を見上げてみてはいかがですか?天の川に願いを届けてみてください、久しぶりであろう純粋な瞳で・・・。ひょっとしたら流れ星に出くわすロマンティックな演出もあるかも☆いづれにしても、こういう‘ココロの余裕’は忘れてはいけませんね。

そんなほのぼのした瓦人のランチは、久しぶりに‘クッチーナ タケダ’さんです♪
 
月始め・・・自分への景気づけです。って、さいさい行ってるって?(笑)

最近道端で、その繊細で可憐な姿をもって涼しげに立っているこんな花を見かけませんか?瓦人、実はこの花は個人的に好きです。花火が咲いたような風流な姿、紫陽花で言えばどちらかといえば‘額紫陽花’が好きな瓦人・・・控えめでその繊細な様は日本人らしく、見事に感性に響きます。

阿波の道端で咲くアガパンサス(紫君子蘭(むらさきくんしらん))




七夕という神秘・神話の一端に触れた今日の瓦人はココロまで繊細です。こんな道端の花にカメラを向けるココロの余裕・・・さぁ、一ヶ月続くでしょうか?(笑)