Posted by: atelier
さて本日は、讃岐の葺き替え現場へ参上してきました。今回の現場は、瓦を降ろすスペースが全くなかったので直接屋根に上げることになりました。というわけで、現場近く(徒歩10秒)の駐車場で親方の到着を待つことに・・・



待ち合わせ時間まで、まだ少し時間があったので現場を確認に行くことに〜



こんな感じの、切妻平屋建てのお家でした!足場で少し分かりにくいので、屋根の上に登ってきましたよ〜



桟打ちも終わり、準備万端ですね!ちなみに、こちらの屋根は〜



後日、着工予定となっております♪そうこうしていると親方達が到着し、屋根上げ任務が開始されました。
先ずは棟関係の瓦を、限られた小スペースへ真心降ろしです・・・



今回の鬼瓦は、雅(みやび)海津仕様となっております♪
そして〜





このあと順調に屋根上げ作業が続き、無事任務が終了しましたよ〜
じゃ〜ん!!



今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が増えましたね♪ありがとうございました。
今日はベリーホットな一日だったので、終日半袖任務が出来ました!やっぱ半袖は、動き易くていいよね〜♪
つづく・・・
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
それにしても時間が足りません・・・。出来得れば三文の徳を得るため、毎朝人よりも早起きして一日を有効に使ってるつもりが、全然時間が足りません。しないといけないルーティーンな仕事に追われ、また無から有を生む創造的仕事にと・・・、瓦は出ずともフル回転してる瓦人です。今月はまた、29日の日曜日にある地元の祭りに、もうかれこれ300年近く続く重要無形文化財である「的射の儀」の大舞役を演じるため毎週2日、夜遅くまでの練習にも追われてます。あ、今晩も練習です。

あ〜、やりたいことがいろいろあるのに時間だけが過ぎていく・・・。

ま、忙しいのはいいことですが、確かなる結実ってヤツが保障・確証されていないだけに、自分を信じきる勇気(モチベーション)だけはなんとか維持したいものです。瓦業界どころか建築全体、いやすべての業種において、そのいわゆる‘常識’がことごとく瓦解する事態に苛まれている日本(世界)・・・果たして信じる者(努力する者)は報われるのか?そんな当たり前の世の中に戻ってほしいですね。



天候の見通しがやっとついたのか、季節と気分がよくなってきたのか、ぼちぼち出荷が続きだしたかな?そんな訳で、今日は瓦人も二号車に積み込み完了です。さ〜て、明日瓦人はどこに現れるでしょう?もしかしたらアナタの隣かも・・・寝ボケ顔をシャキンとさせておいてくださいね(笑)それにしても、ゆっくりと物事を考える時間が・・・(泣)あ、寝る時間もネ。

昨晩仕事を終えてから、18日の水曜日にある淡路瓦400年祭実行委員会の資料作りに励んでいましたが、あまりのストレスに、ほんの一時間だけ自分時間を楽しんできました。夜に車を走らせた先・・・そこはもう旬を過ぎようとしていた広田梅林です。初めて訪れましたが、夜だとさすがに人っ子一人いません・・・。ライトアップもなくまさしく暗闇での梅観賞・・・ちょい怖かったです(笑)狙った星空と梅のコラボですが・・・、あまりの黄砂でせっかくの快晴がカスミに包まれ、肉眼でもほとんど星を見ることが難しかった〜。しかも白い梅はほとんどその花をとどめておらず、数少ない紅梅の木だけが存在感いっぱいに暗闇にその姿を浮かび上がらせていました。ま、意地の撮影・・・なんとかカメラは星を捉えてくれたみたいです。




−瓦屋根の祠と梅林−


−紅梅に降る星−  (あ、全然肉眼では見えなかったのに、たまたまそこが北極星だったのね(笑))

「星空と花」って何気に現実ではありえないシチュエーションですよね。花は暗いと見えないし・・・。そんな非現実さが面白い!!ホント今のデジタル一眼レフカメラはすごい!!かなりの真っ暗闇をこうして昼間のように魅せてくれます☆ヨシッ、束の間のストレス発散です☆あ〜、ゆ〜たりとトキの流れに身を任せて日々を過ごすそんな日・・・いつか手にすることができるかな?え、年取ってからって?(笑)え、え!?年取っても無いって(爆)

ま、今を精一杯・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
Posted by: atelier
さて本日は、以前から行っている讃岐の御影堂新築現場♪へ参上してきました。
先ずは現場の進行状況からどうぞ〜







少しずつではありますが、着々と工事が進んでいましたよ!

では今日も、ここの大工さんの巧みの技をご覧ください・・・
ど〜ん!!



これは天井部分です!凄い事になってるでしょ?でもこれって、一体何ていう造りなのかな?恥ずかしながら僕は知りません(汗)知っている人がいたら教えて下さい!お願いしま〜す。

さてと、現場リポートはこのぐらいにしときまして、今日も真心降ろし開始〜!!
で、終了・・・



今回で、ややこしい(かさばる)役瓦をほぼ全て搬入したので、残すは平瓦とマッスル(素丸)オンリーです♪
注)・・・素丸瓦のことをマッスルと呼ぶのは、僕独自の呼び方であって他で使用しても通用しませんので悪しからず(笑)

さぁ、次の搬入時には、だいぶ葺かれているかな〜?楽しみ♪楽しみ♪
つづく・・・
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier

− 太陽フィルター −    真っ昼間、雲一つないであろう空が、真っ白に包まれていました。

今日は久しぶりに終日工場にて箸瓦づくりに勤しめました〜。



以外にも人気のこの箸瓦・・・各方面から「あれはまだ?」「いつ作るの?」「作ったら取っといて」って声が途絶えることがありません。それにしても瓦人がここに座って粘土をこねる時間を作るのがまた難しい・・・。南海荘さん、けひの海さんはじめ・・・各旅館やホテルでは、これが実はよく売れるそうで、そろそろ催促にも応えないとってことで、なんとかコネコネしちゃいました〜♪



何気に本業の瓦より人気がありそうなのが、嬉しいような悲しいような・・・(笑)

ま、こんな小さな瓦の塊一つで、作法美しき日本の姿を取り戻すことが出来るなら・・・。



「お箸の国の人だもの・・・」そんな日本らしさを演出してくれる、小さな小さな瓦なのでした☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
Posted by: atelier
さて本日は、阿波の新築現場へ参上してきました。今日は暖かい一日でしたね〜!そろそろ半袖任務が出来る日も、近くなってきました(笑)
そんなわけで、本日の現場は〜



こんな感じの、切妻の物置小屋でした。物置小屋にしては、立派すぎますね!
ちなみに、こちらの母屋も〜



一文字軒仕様の立派な母屋でした!実はこの母屋、昨年大栄瓦で葺きかえられた現場だったのです。もとはスレートの一文字軒「風」仕様の屋根だったんですが、見違えるように大変身を遂げていましたよ♪やっぱ、「〜風」は本物には勝てませんよね〜!

さてと、今回は屋根上げ任務だったので、先に棟関係の瓦を秒殺で降ろし、大栄号をタワー付近にセッティング〜



そして〜



定量の8束を台車に積み込んで、一気に上げていくことに〜



あと一息!そして、無事に任務が終了です・・・



今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が増えましたね♪ありがとうございました。この現場は交通量の多い道端だったので、同業者はじめ一般ピーポーの目が気になると思いますが、職人Kさん、ビシッと仕上げてやってくださいね!
お願いしま〜す♪
つづく・・・
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier


見惚れる夕景・・・淡路島



そんな日曜日の夜、はんめさんと夜の星空散歩です☆

明治初期より残る全国でも珍しい石積みの港、津井港・・・

その昔、瓦はこの湊から船に積まれて出荷されていました。

原点的なシンボル港に降る星を見つめて思いを馳せる・・・



北天の大回転☆



男二人、ほんのつかの間の星空散歩でした☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
Posted by: atelier
今日は日曜日でしたが、休日返上で阿波の葺き替え現場へ(2号車で)参上してきました。今回の現場は、場所が分かりにくい所にあったので、親方が案内してくれましたよ〜


(白いライフが親方の車です)

かなりマニアックな道を走ること5分・・・。現場に到着〜



こんな感じの、切妻屋根でした。この現場、一つ大きな問題があります。それはというと〜入り口がメチャ狭かったのです・・・



トラックが入るのは無理!と判断した親方が用意してくれた一輪車が生々しいでしょ!(汗)
どれぐらい狭いかというと、この奥の狭い道を〜



入った所にあったのです(汗)では、こちらからもどうぞ・・・



どうです?親方の軽(ライフ)が大きく見えるでしょ?そのぐらい狭かったのです(汗)。お分かり頂けたかな?
でも、ここでチャレンジしなきゃ百戦錬磨の名がすたる!ということで、やっちゃいましたよ〜!

今回は普段乗り慣れていない2号車だったので、少々勝手が違いましたが、その2号車を巧みに操り〜



何とか〜(ギリギリ・・・汗)

null

進入成功!!(パチパチ♪)
入ってしまえばこっちのもの!一気に勝負ありです・・・
ど〜ん!



今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が増えました♪ありがとうございました。いや〜ホント、入れてよかった〜♪もし入れなかったら、今頃まだ運んでたかも(汗)

やっぱ、何事にもチャレンジする精神が大事です!諦めてはいけません。皆さんも頑張りましょう!(笑)
つづく・・
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier

−Subject : the roof− 「お父さんの理想の大きな屋根のお家」

今日は早朝から讃岐に阿波にと集金任務・・・そんな合間に、リンク先にもあります蟒賛寛塙房さんの手がけられた住宅完成見学会へとお邪魔してきました。瓦をふんだんに使っていただいた、まさしくレトロモダン・・・次代の感性の集大成としての建築です。施主様はじめ、さまざまな職人さんたちの深い信頼と理解があってこそはじめて出来上がるまさしく真心手作りの家・・・「和」の家って、まさしくそういう心和むものであるべきで・・・。





洋風の家が多い新興の住宅地に、ドンと居座るいぶし銀の輝きです☆やはりいぶし瓦屋根は日本の町並みを晴れやかにしてくれますね。



玄関照明には鬼面瓦。笑鬼とはまさに・・・笑顔で人を迎えます♪



その足元には風流にも瓦が埋められています。坪庭との統一感がナイスですね。

リビングからもその風情を堪能できます。



玄関ホールには、ど〜んと大きく「心」一文字!!



足元にはやはり瓦をあしらって、途切れることなく和の雰囲気を連続させます。





瓦ってお洒落でしょ☆使い方によっては、斬新にも風流にもモダンにもレトロにも・・・。



引き戸の壁には、施主さんご家族はじめ関わった職人さんたちみんなの手形が・・・。これだけでも伝わる‘ぬくもり’ですね。家づくりって本来こうあるべき・・・。いや、これからは尚更こうなるべき・・・と思う瓦人です。作り手の見える家づくり・・・まさしく‘火入れ式’と同じコンセプトです。そうそう、火入れ式といえば・・・住心家工房さん設計の次の新築物件・・・来月上棟予定だそうですが、なんと施主様のご理解もあり火入れ式へとお越しいただく予定で〜す!!(社長はじめ、みなさんの熱意で平板瓦の予定をいぶし和瓦に変更していただいたみたいです(驚))ちょうど瓦人がお邪魔してるとき、偶然にもその施主様ご家族がこの見学会に来られました。挨拶をさせていただき、何気に緊張する瓦人でした(笑)精一杯瓦を焼かせていただきます。

それにしても、いつも心地のいい空気に包まれるこちらの現場です。人と人が互いに尊敬し合い、理解し合い、励まし合い、高め合う・・・家はロボットが作ってるんじゃないってことを実感できる、そんなことに改めて気付かされます。まさしく「いごこち 住みごこち いいここち」・・・そんなコンセプトそのまんまの住心家工房さんです☆

これからもこうした誰もが‘いいここち’を感じる家をどんどんとプロデュースしていってほしいですね。

その先にあるのは、日本が日本らしさを取り戻した、外観も内観もそして住む人のココロまでがまさしく「和」の町並みであってほしく・・・。日本人って、帰るべきはこういう町・家であることを本能的に知っているはず。こういう一軒一軒が火種となって、あちこちへと飛び火していくことを期待してます☆



明日も引き続き完成見学会(←ブログをご覧ください)が開かれています。

ぜひお近くの方は、その‘いいここち’を確かめに・・・☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
瓦人主宰「瓦atelier−未来考房−」のコンセプトは「坐」・・・。そのお洒落なmonokawaraシリーズの専用サイト完成が、もうかれこれ半年以上滞っております。関係先の皆様方には大変ご迷惑をお掛けいたしております。お問い合わせ(催促?(笑))に応えるため、とり急ぎではございますが先にパンフレットの準備を優先すべく進めてまいりたいと思います。こちらは近々準備が整いそうですので、今しばらくお待ちいただくようお願い申し上げます(謝)

昨晩、遅くまで瓦人一人で最終撮影に挑んでました。って言っても必死の素人撮影ですが・・・。でも気になる方には朗報です♪今日ブログを御覧の皆さんはラッキー☆なんとその完成間近のパンフレット写真の一部をチラ出ししちゃいま〜す♪

〜as usual〜 さり気なく、坐のある日常・・・

■Concept −坐− 「瓦atelier−未来考房−」
  和の粋をもって、地に足ついた本当の意味でのお洒落を日本人に取り戻すためのいぶし瓦のアトリエ考房


−ちんまり瓦−


−箸坐−


−箸瓦−


−飾り坐−


−角坐−


−雪洞瓦−

         −一輪挿し−


−灯り坐−


−灯り坐 〜万華鏡〜 −
撮影協力(ロケ場所) −SUNSET VIEW HOTEL KEINOUMI

これすべて「瓦」なんです!!なんとお洒落な被写体たちなんでしょう〜。こういうアプローチにても、老若男女関わらずどんどん瓦に興味をもってもらいたい・・・そんな想いで作るmonokawaraたちです。楽しみですね〜、どんなパンフレットになるのか・・・☆また完成したらご報告いたします。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier

−夜空と朝空のバトンタッチ−

今朝は讃岐で迎えた日の出です☆今日も春をイメージさせるキレイな桜色の空でした。



さてさてそんなメルヘンモードはここまで・・・、今日の瓦人はトラック野郎してました。皆まだ寝静まる丑三つ時に出発し、相変わらずの寝不足モードでなんとか到着したのは讃岐の新築現場です。こちらは先日大栄’sが一車目の瓦を搬入済み・・・あとの残りの瓦を全部積んで来ました〜。



トラックいっぱいの幅のこの道路・・・「ピーピーピー、ガッツ石松♪」とバックで進入したその先に発見!!



切妻平屋建てのすっきりした和風住宅です♪こちらの置き場なんですが〜・・・なんと予想外の棟土が、まだ出番には早いのに、手前のベストポジションを占領してるじゃあ〜りませんか!?聞いてたのと違うやんけ〜(笑)ってことでしたが、瓦人は開き直りも早く、矢印のようにタワーの下をくぐりながら向こう側までの抱え込み任務です。ちなみに棟関係の瓦は、手前左の足場の下へと搬入完了です。



早朝からキツイな〜。腕がプルプル・・・足がガクガク・・・(笑)


−道半ば−(笑)

このあと、お茶休憩もトイレ休憩もマッサージ休憩も仮眠休憩もなく(笑)ノンストップ任務は続くのでした〜。



(この現場)獲ったど〜!!

今日も一軒、なんとかここにいぶし瓦の屋根が出来そうです☆ありがとうございま〜す。開放感に満たされたその瞬間・・・阿波のお得意さんより「お〜い、四国にいるんなら集金寄ってくれ〜。」・・・・・・・ってことで、トラックのまんま阿波までひとっ飛び♪道中瓦人を襲った睡魔は半端なかったことをここに付け加えておきます(笑)

とにかく、いぶし瓦で日本の町並みが美しくなるならば・・・流した汗も涙も報われます☆

まさしく日本晴れの一日に感謝です!!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ