| Next»
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
本日から気分一新、ブログをこちらへ引っ越しいたしました☆


このブログは、ニューブログの下部にあるリンクに置きました。

今後もなお一層充実した内容をお届けできるよう、弟のトラック野郎とともに頑張りますので、よろしくお願いいたします。

〜瓦人〜
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier

−うねる地球−



高速道路の割引は、ここ淡路島の観光業界にとっては功を奏しているようです。人の動き、モノの動き・・・この大きなうねりがすべての業界へと波及してほしいものです。この大地の隆起のように、まさしく惚れぼれするほどの力強さをもって・・・。

今日、ほとんど売れてしまってディスプレイがさびしくなってしまっていた瓦坐の補充に、親戚の旅館「うめ丸」さんへと・・・。こちらの駐車場から本館へと続く木と土の階段脇に、なんともやわらかい表情をもって迎えてくれる、溝代わりに水を流す和瓦の連なりがあります。



もう大分以前からありますが、決して汚らしくは見えず、その風景の一部としてとけ込んでいます。







特段多くを求めずとも、その極まった姿をもって最低限の仕事をしてくれる・・・。和瓦の働く姿とは、このようにごくシンプルであることをさり気なく教えてくれているようで・・・。その土から生まれた素材は、幾星霜を重ねてもなお景観を乱すことなく、また汚すこともなく、古美るというパフォーマンスをもって人の心を魅了します。


−木×土×瓦−

諸事情にて廃棄処分にする瓦もたくさんあります。ありがたいかな、ここ数年でガーデニングへと用途を求める人もますます多くなってきましたが、このようにその働く姿を実演させていただくような使用法もぜひお考えください。

面白いですよ〜、瓦って・・・。なにより風流です☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
今日は最悪の天候に見舞われた淡路島です。唯一の休日の日曜日にこれでは、気分もめげますね。そんな本日は、来週日曜日に地元の春祭りで披露される重要無形文化財である「的射の儀」の予行演習でした。大舞を演じる瓦人・・・そろそろ緊張してきました。本番に弓で射抜く予定の「鬼」・・・まさしく邪気を払えるかどうかが瓦人の手にかかっています。はずして言われたくありません・・・「お前のせいで景気が余計に悪くなった」・・・と(笑)

ま、一所懸命頑張ります。この町に光を届けるためにも・・・(笑)




夜は、一ヶ月その練習に励んだ仲間とまた地区の世話人たちとで、練習打ち上げの慰労会です。もちろん‘焼肉’です☆

なにかと疲れた瓦人の五臓六腑にニンニクパワーが染み渡りました〜(笑)何気に久しぶり・・・美味かった〜。やっぱたまには必要ですね。このご時世・・・ウチの家庭でもエンゲル係数が大きいような、いや、それすらすべて小さくなってしまったような・・・(笑)遠慮なく、おっさんパワーで食べきりました☆ごちそうさまでした〜。

さぁ、来週・・・決してミスは許されない瓦人。

いざ、勝負!!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier


全国技能グランプリ・兵庫(第25回技能グランプリ)」・・・日本が誇る伝統の技、そのまさしく名誉を賭けた真剣勝負を目の当たりにできます。明日も引き続き行われていますので、ぜひ多くの方のご来場を期待しております。手に汗握るとはこのこと・・・職人さんってカッコイイって改めて感じてもらえれば・・・。







淡路瓦のブースでは、鬼師による鬼瓦づくりの実演コーナーもあります。



日本料理伝統技能士の手にかかれば、フルーツもこんな風に・・・





お菓子が魅せたのは、昭和の懐かしい風景でした・・・









会場では他にも、瓦メーカーおよび工事店関係者の皆さんが様々な趣向を凝らしてブースを展開し、なかでも瓦を使った新しい可能性を追求したものが、とくにその斬新さにて皆の目を引いていました。


衒仝蕎ε’s ニューブランド−

こちらは遠く埼玉県深谷市からの出展です。

訖蔀配合粘土工業さんによる新商品のご提案です。





瓦の土、しっくい・・・これらの素材はやはり我々の業界にとっては原点的なものであり、もう一度その可能性を追求し、新しい価値観を生み出していくことこそがまた一つの生き残る道だと・・・同世代に生きる者同士熱く語り合えました。ブログもご覧頂いていたらしく、初対面ではありますが、共通の意志のもと建設的なお話ばかり出来てよかったです。この場に出てきたことが、また色々な縁を生みます。その縁と縁、またその先の縁と縁も、すべてが繋がり一つの‘円’とならんことを期待して・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier

−焼きたて−

箸瓦も焼きたてだと、より美味しそうに見えますね(笑)味わいのある古色いぶし・・・食卓にワンポイントの和を演出してくれるでしょう。さ〜て、こちらもご入用の方はお早めに・・・。売り切れ御免の逸品です☆

本日〜月曜日まで、神戸のポートアイランドにて「全国技能グランプリ・兵庫(第25回技能グランプリ)」が開かれています。日本が誇るさまざまな伝統技術等の技を競う大会であり、今年は兵庫県がホストとなっております。

予定されている競技種目はリンク先の一覧表にある31種目であり、とうぜん「かわらぶき」もエントリーされています。皆さん三連休&割引高速料金を利用して、普段では目にすることの少ない日本の‘本物’を競い合う場面を目の当たりにしてみませんか?

「和」とは何か、「誇り」とは何か、そんなことを日本人としてもう一度体感してもらえれば・・・。世界に誇りうる日本の‘技能’の数々・・・、目にすることで今アイデンティティーを見失い、それゆえ忘れかけている一番大切なモノを思い出すきっかけになるかもしれません。そういう意味でも、一般の方々により多く来てもらうことが理想ですね。

帰る頃には「地に足付いた日本人」たちが・・・

淡路瓦もブースを設けて応援しています。瓦人も明日土曜日にお邪魔しま〜す。

会場および競技日程等はこちら・・・皆さん、ぜひぜひ・・・☆

↓頑張れ、ニッポン!!応援クリックはこちら・・・(笑)
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

» 続きを読む

カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier

−瓦atelier−   今日も事務所にさす朝日

今日は集金で阿波へと・・・っと、その前に今が旬の淡路の美味しいとこを持っていってやろうと、行く道中に立ち寄ったのは、漁師の同級生シゲキんち・・・。獲れたて炊きたてのいかなごのくぎ煮で〜す☆



まさしくこの目の前の海で獲れたいかなごたち・・・これ食べ〜よって、瓦人にも別パックに入れてくれました(嬉)らっき〜、美味いんだよね〜。美しい海・・・この大自然に感謝ですね☆

そんな本日は美味しいものつながりで・・・。集金の合い間にランチで寄ったのは、これまた久しぶりですが瓦人お気に入りの「クッチーナ・タケダ」さん。日頃の心労を吹き飛ばすための至福のひと時です。これがなきゃ・・・の瓦人です(苦笑)





ふぅ〜、ごっつぉさん♪

さて、気分が高揚すれば見えるものも違ってきます。たまたま徳島市内を走っていると道端にある一本の木に目が・・・!?あれ?何の種類なのか、ほんのりとした薄紅色の桜の木・・・まさかの満開で〜す☆





ん〜、ビューティホー!!日本人にはやっぱサクラですね☆

おりからの春の嵐的強風に吹かれ、思いっきり桜吹雪を見せていましたが、これからこんな光景が日本中で見られますね。みなさん、出来得れば立ち止まってこの日本が誇る風物詩・・・堪能するココロの余裕をもってくださいね。


ひなびたコンクリートの狭い路地・・・思わずちょっとした花絨毯がせめてもの華やぎをそえてくれていました☆やっぱり桜は風流ですね・・・。

些細なことからですが、目もカラダもココロも満たされました。

さ、また明日も自分にできる限りの精一杯の今を!!



暗闇が続いたトンネルの先に、雄大に広がる海原が見えました☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier

               −夜明け前の吉野川−

さ〜て、今日は瓦人もトラック野郎してきましたよ〜(あまり寝れてません 泣)訪れたのは阿波の葺き替え現場です。到着〜って、まだ一部の屋根地が出来ていないみたいですね。だいぶ傷んでたみたいで、野地が完全腐ってたらしいです。



こちらは元養豚業者さんらしく、その豚舎跡もチラホラ・・・。朝から決して臭いおもいをした訳ではありませんよ〜。ちょっとしたかな?(苦笑)それよりもなによりも、こちらの物件の玄関側(表側)への進入路・・・一見ダメかと思うほどの狭路&プチクランクに、朝から冷や汗をかきましたが、横のモノ踏んずけてもエエで〜っとの、施主さんのあたたかい?お言葉に思い切ってゴーです。



お年寄りの施主さんご夫婦に見てもらいながらの、ちょっとずつ進入です♪

なんとか進入成功〜・・・しかし、トラックで占領してしまう程度の敷地(置場スペース)&当然中でも廻せず、またまたケツからの抱え込み任務でした(汗)そのかわり、アチコチと何処に置いてもエエで〜とのことでしたが、わき目もふらずウチだけを頑なに贔屓いただく親方のこと・・・、そんな「お客さんの喜ぶ顔が見たいから」・・・瓦人のせめてもの気持ちで機械周辺にガッチリ仕上げてあげました〜。



引き気味に〜



・・・!?

え〜、地面のコンクリートが!?トラックの重量が破壊してしまったのか〜?って、そんな訳はなく・・・入ってくるときに確認済みで〜す。でもこれは怖かった〜。しかも地面は向かって右に傾いてたし・・・。このまま侵入して、より大崩れしてしまわないか心配でしたが、多少の「メキメキッ」で済んでよかったよかった(苦笑)なんとか、今日もここに一軒いぶし瓦の屋根が出来そうですね。ありがとうございま〜す☆

さて、今晩は第七歩目の淡路瓦400年祭実行委員会です。場所はお馴染み産業文化センター・・・っととと、ニュー愛称「瓦ッ舎  gallery−時−」ですね。今晩も若い有志達が集い、瓦(日本)の未来を語り合います。あ、資料の準備が!?なんとか今から間に合わせて、いざ!!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier
それにしても時間が足りません・・・。出来得れば三文の徳を得るため、毎朝人よりも早起きして一日を有効に使ってるつもりが、全然時間が足りません。しないといけないルーティーンな仕事に追われ、また無から有を生む創造的仕事にと・・・、瓦は出ずともフル回転してる瓦人です。今月はまた、29日の日曜日にある地元の祭りに、もうかれこれ300年近く続く重要無形文化財である「的射の儀」の大舞役を演じるため毎週2日、夜遅くまでの練習にも追われてます。あ、今晩も練習です。

あ〜、やりたいことがいろいろあるのに時間だけが過ぎていく・・・。

ま、忙しいのはいいことですが、確かなる結実ってヤツが保障・確証されていないだけに、自分を信じきる勇気(モチベーション)だけはなんとか維持したいものです。瓦業界どころか建築全体、いやすべての業種において、そのいわゆる‘常識’がことごとく瓦解する事態に苛まれている日本(世界)・・・果たして信じる者(努力する者)は報われるのか?そんな当たり前の世の中に戻ってほしいですね。



天候の見通しがやっとついたのか、季節と気分がよくなってきたのか、ぼちぼち出荷が続きだしたかな?そんな訳で、今日は瓦人も二号車に積み込み完了です。さ〜て、明日瓦人はどこに現れるでしょう?もしかしたらアナタの隣かも・・・寝ボケ顔をシャキンとさせておいてくださいね(笑)それにしても、ゆっくりと物事を考える時間が・・・(泣)あ、寝る時間もネ。

昨晩仕事を終えてから、18日の水曜日にある淡路瓦400年祭実行委員会の資料作りに励んでいましたが、あまりのストレスに、ほんの一時間だけ自分時間を楽しんできました。夜に車を走らせた先・・・そこはもう旬を過ぎようとしていた広田梅林です。初めて訪れましたが、夜だとさすがに人っ子一人いません・・・。ライトアップもなくまさしく暗闇での梅観賞・・・ちょい怖かったです(笑)狙った星空と梅のコラボですが・・・、あまりの黄砂でせっかくの快晴がカスミに包まれ、肉眼でもほとんど星を見ることが難しかった〜。しかも白い梅はほとんどその花をとどめておらず、数少ない紅梅の木だけが存在感いっぱいに暗闇にその姿を浮かび上がらせていました。ま、意地の撮影・・・なんとかカメラは星を捉えてくれたみたいです。




−瓦屋根の祠と梅林−


−紅梅に降る星−  (あ、全然肉眼では見えなかったのに、たまたまそこが北極星だったのね(笑))

「星空と花」って何気に現実ではありえないシチュエーションですよね。花は暗いと見えないし・・・。そんな非現実さが面白い!!ホント今のデジタル一眼レフカメラはすごい!!かなりの真っ暗闇をこうして昼間のように魅せてくれます☆ヨシッ、束の間のストレス発散です☆あ〜、ゆ〜たりとトキの流れに身を任せて日々を過ごすそんな日・・・いつか手にすることができるかな?え、年取ってからって?(笑)え、え!?年取っても無いって(爆)

ま、今を精一杯・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier

− 太陽フィルター −    真っ昼間、雲一つないであろう空が、真っ白に包まれていました。

今日は久しぶりに終日工場にて箸瓦づくりに勤しめました〜。



以外にも人気のこの箸瓦・・・各方面から「あれはまだ?」「いつ作るの?」「作ったら取っといて」って声が途絶えることがありません。それにしても瓦人がここに座って粘土をこねる時間を作るのがまた難しい・・・。南海荘さん、けひの海さんはじめ・・・各旅館やホテルでは、これが実はよく売れるそうで、そろそろ催促にも応えないとってことで、なんとかコネコネしちゃいました〜♪



何気に本業の瓦より人気がありそうなのが、嬉しいような悲しいような・・・(笑)

ま、こんな小さな瓦の塊一つで、作法美しき日本の姿を取り戻すことが出来るなら・・・。



「お箸の国の人だもの・・・」そんな日本らしさを演出してくれる、小さな小さな瓦なのでした☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
カテゴリー: 瓦人
Posted by: atelier


見惚れる夕景・・・淡路島



そんな日曜日の夜、はんめさんと夜の星空散歩です☆

明治初期より残る全国でも珍しい石積みの港、津井港・・・

その昔、瓦はこの湊から船に積まれて出荷されていました。

原点的なシンボル港に降る星を見つめて思いを馳せる・・・



北天の大回転☆



男二人、ほんのつかの間の星空散歩でした☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
| Next»