昨晩は、淡路瓦400年祭(仮題)へのプロローグ・・・‘意志’が集まった初めての実行委員会の起ち上げとなりました。未来の語らいの場としてはもうお約束の「かわらや」さんにて、そのコンセプト等を説明させていただき、皆が抱くべき共通認識を確かめ合いました。


ふと気付くと・・・ごくごく自然に集まった約20人の‘意志’は、ほぼすべてが同じ幼稚園からこの町に育てられたものばかり・・・。桟瓦、棟瓦、袖瓦、鬼瓦・・・多種多様な窯元であれど、そのもとを手繰り寄せ繋がると、こんなにも‘大きな力’だということを実感・・・。まさしくみんなで支える淡路の瓦業界です。縦にも横にもその垣根が低く強い関係にある、淡路に根差したこの分業体制・・・この‘仲間意識’こそが今にして思えば、またこれからのことを考えるとまさに宝物です☆

それぞれお互いの意志を確かめ合い、認め合い、刺激にもなり、切磋琢磨を誓い合い・・・そんな一つの目的へと向かう熱い雰囲気は、物理的・時間的なトキの流れを超越していました。歴史的にも大いなる意味を持つであろう最初の会合を無事終え、瓦人もふと気付けば深夜2時!!さすがに・・・って、これがまた全然疲れません(笑)

まずは、はじめの一歩です。

−step by step−

その一歩一歩が楽しみで・・・♪