−Subject : the roof− 「お父さんの理想の大きな屋根のお家」

今日は早朝から讃岐に阿波にと集金任務・・・そんな合間に、リンク先にもあります蟒賛寛塙房さんの手がけられた住宅完成見学会へとお邪魔してきました。瓦をふんだんに使っていただいた、まさしくレトロモダン・・・次代の感性の集大成としての建築です。施主様はじめ、さまざまな職人さんたちの深い信頼と理解があってこそはじめて出来上がるまさしく真心手作りの家・・・「和」の家って、まさしくそういう心和むものであるべきで・・・。





洋風の家が多い新興の住宅地に、ドンと居座るいぶし銀の輝きです☆やはりいぶし瓦屋根は日本の町並みを晴れやかにしてくれますね。



玄関照明には鬼面瓦。笑鬼とはまさに・・・笑顔で人を迎えます♪



その足元には風流にも瓦が埋められています。坪庭との統一感がナイスですね。

リビングからもその風情を堪能できます。



玄関ホールには、ど〜んと大きく「心」一文字!!



足元にはやはり瓦をあしらって、途切れることなく和の雰囲気を連続させます。





瓦ってお洒落でしょ☆使い方によっては、斬新にも風流にもモダンにもレトロにも・・・。



引き戸の壁には、施主さんご家族はじめ関わった職人さんたちみんなの手形が・・・。これだけでも伝わる‘ぬくもり’ですね。家づくりって本来こうあるべき・・・。いや、これからは尚更こうなるべき・・・と思う瓦人です。作り手の見える家づくり・・・まさしく‘火入れ式’と同じコンセプトです。そうそう、火入れ式といえば・・・住心家工房さん設計の次の新築物件・・・来月上棟予定だそうですが、なんと施主様のご理解もあり火入れ式へとお越しいただく予定で〜す!!(社長はじめ、みなさんの熱意で平板瓦の予定をいぶし和瓦に変更していただいたみたいです(驚))ちょうど瓦人がお邪魔してるとき、偶然にもその施主様ご家族がこの見学会に来られました。挨拶をさせていただき、何気に緊張する瓦人でした(笑)精一杯瓦を焼かせていただきます。

それにしても、いつも心地のいい空気に包まれるこちらの現場です。人と人が互いに尊敬し合い、理解し合い、励まし合い、高め合う・・・家はロボットが作ってるんじゃないってことを実感できる、そんなことに改めて気付かされます。まさしく「いごこち 住みごこち いいここち」・・・そんなコンセプトそのまんまの住心家工房さんです☆

これからもこうした誰もが‘いいここち’を感じる家をどんどんとプロデュースしていってほしいですね。

その先にあるのは、日本が日本らしさを取り戻した、外観も内観もそして住む人のココロまでがまさしく「和」の町並みであってほしく・・・。日本人って、帰るべきはこういう町・家であることを本能的に知っているはず。こういう一軒一軒が火種となって、あちこちへと飛び火していくことを期待してます☆



明日も引き続き完成見学会(←ブログをご覧ください)が開かれています。

ぜひお近くの方は、その‘いいここち’を確かめに・・・☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ